世界

ロシア、スパイ容疑で日本領事拘禁東京、報復の可能性を示唆

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

モスクワ/東京、9月27日(ロイター) – ロシアFSB保安局は月曜日、ロシア太平洋港都市のウラジオストクにある日本領事をスパイの疑いで拘禁し、出国を命じたと明らかにした。

領事はロシアの機関に数時間拘留された後、解放されました。 松野弘和官房長官は、火曜日のメディアブリーフィングで、日本政府が拘禁に対して「強力な抗議」を表明し、報復の可能性を示唆したと明らかにした。

FSBは、元木達之領事がロシア極東地域の経済状況に対する西側制裁の影響に関する秘密情報を入手した「赤い手」で摘発され、ペルソナノン・グラタとして宣言されたと明らかにした。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

匿名のアジア太平洋諸国とロシアの協力に関連する機密情報が「金銭的報酬」の見返りとして入手されたと述べた。

モスクワは外交チャンネルを通じて領事の行動について東京に抗議したと明らかにした。

松野日本政府のスポークスマンは、モスクワが「脅威的な方法」で領事を目隠しと拘束に拘禁し、「外交に関するウィーン条約に対する明白な違反」と述べた。

松野外務相は「拘禁された領事は違法な活動に加担しなかった」と付け加えた。

釈放された領事は健康状態に問題がなく、水曜日までロシアを去ると松野は言った。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京のKantaro Komiya、Reutersの報告。 編集:Nick Macfie、Gerry Doyle、Muralikumar Anantharaman

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  NATO、同盟国を安心させるために東ヨーロッパで準備態勢を強化

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close