理科

ロシア、国際宇宙ステーションにNaukaモジュール発射

EL PASO、テキサス – ロシアは7月21日、国際宇宙ステーションの該当部分のために長い時間遅延モジュールを発売したが、そのモジュールは、軌道に到達した後、技術的な問題を経験したとします。

午前10時58分(東部時間)多目的室モジュール(Nauka)を載せたバイコヌール宇宙基地から離陸したProton-Mロケット。 モジュールは発射後約9分30秒の間、ロケットの上部から分離された。 RoscosmosとNASAはNaukaが分離直後ソーラーアレイと運行アンテナを配置したました。

両機関はすべてナウカーの状態に関する追加の更新プログラムを提供していなかったが、オンラインで公開されたロシアの業界筋は、モジュールが軌道に到達した後、いくつかの問題を経験したと主張しました。 これらの問題には、アンテナとドッキング対象が期待どおりに配置された確認することができなかった赤外線センサーとスクリューの問題が含まれています。 問題がどの程度深刻か、そしてドッキング計画に影響を与えるのかはすぐに明らかではないでした。

ロシア語で「科学」を意味するNaukaは2016年Bigelow Expandable Activity Module以降ISSに追加された最初のモジュール(エアロックとドッキングアダプタを除く)です。 このモジュールは、長さ13m、発射時の重量23,000kg以上であり、乗組員の宿泊施設が含まれています。 、駅、研究施設、貨物積載のための姿勢制御システム。 駅外部に欧州宇宙機関(European Space Agency)の欧州ロボットアーム(European Robotic Arm)が取り付けられています。 このロボットアームは、ステーションのロシアの部分にサービスを提供するように設計された11メートルの長さのマニピュレータです。

Naukaは7月29日Zvezdaモジュールとドッキングしてステーションにゆっくり近づいています。 2001年停留所に追加されたPirs airlockモジュールを代わりにすることです。 Progress貨物船は7月23日ステーションからPirsを削除して、後で破壊的な再入。

Naukaの開発は、長く苦しい道に沿ってきました。 Roscosmosはもともと、2007年にモジュールの発売を提案したが、幅広い技術的な問題により、発売が繰り返し遅延され、モジュールがリリースされるかについて疑問を呼びました。 この遅延は、交換が必要なモジュールの推進システムの問題が含まれています。

しかしRoscosmosがNaukaを完成して発射するための継続的な努力は、NASAの指導部に、彼らはISSプログラムの一部として残る意向があると確信を与えた。 今年の初め ロシアの管理者は、早ければ2020年代半ばにISS参加を終了することができると提案した。 ロシアの宇宙ステーションに資源を集中するために

「ロシアから出てくるコメントのために非常に心配になりました。 彼らは我々が結んだパートナーシップを正面に向き合ってゴマうとしたでしょうか?」 NASAのビルネルソン局長は6月23日、下院科学委員会の公聴会でこのように言いました。 彼はRoscosmosの責任者であるDmitry Rogozinと数回話し合った後懸念が消えたました。

彼はまた、今後のNauka発売についても言及しました。 「彼らはなぜそのようにしてからわずか数年で、それを捨てますか? ただ言葉ならなかった」と話した。 “継続的な協力を見ることになると思います。」

Naukaの打ち上げは、宇宙飛行士がISSにCrew Dragon宇宙船を再配置してから数時間後に行われました。 宇宙飛行士Shane Kimbrough、Megan McArthur、Akihiko HoshideとThomas PesquetはHarmonyモジュールのドッキングポートから別のドッキングポートへの起動のために船に乗っていました。 起動は午前6時45分(東部時間)に前方ドッキングポートにドッキングを解除して起動されて、50分後に天井ドッキングポートにドッキングに終了しました。

この起動は、ボーイングCST-100 Starliner船がOrbital Flight Test(OFT)2と呼ばれる無人試験飛行を介して駅に到着するためにHarmonyの前方ポートを確保します。 前方ドッキングポートは、船が接近するより容易であるのでCrew-2 Crew Dragon宇宙船の操縦には、港を開きます。

OFT-2の任務は、7月30日、フロリダケープ・カナベラルからUnited Launch Alliance Atlas 5に発射される予定です。 スケジュールを確認するための飛行準備のレビューは、7月22日に行われる予定です。

READ  北海道根室市根室付近で規模4.1の地震が発生/火山

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close