ロシア、日本領有権主張島に「望ましくない」以前の居住者グループを表示

1 min read





2019年11月19日、毎日新聞航空機「キボ」で撮ったこのファイル写真には、北海道根室半島の野札浦岬から北方領土の4つの島が見える。 (毎日/三山豊敷)

モスクワ(毎日) – ロシア最高検察庁は4月21日、ロシアが所有し、日本が主張する北海道沖合の4島の全居住者グループを「望ましくない外国組織」と認め、グループ仲間が旅行しにくくしたと認めました。 紛争の島。

検察は、過去の北方領土の島の住民で構成された千島ハボマイ住民連盟の活動が「ロシア領土の一部を占領しようと試みた」と、札幌に基づくグループが介入することを事実上禁止したと指摘した。 今後のロシア活動。

検察は「この団体は、長年にわたってロシアに対して否定的な見方を表明し、日本内で歓迎感情を助長してきた」とし、4つの島周辺情勢を不安定にするリスクを高めたと批判した。 検察は最近、決定を日本の法務省に通知したと明らかにした。

ロシアが2022年2月にウクライナでいわゆる「特別軍事作戦」を開始した後、日本はモスクワに対する制裁を発動しました。 これにロシアは来月日本との平和条約交渉を事実上終了すると警告した。 9月、モスクワは、1992年から施行された以前の島の住民と4つの島に居住するロシアの居住者のためのビザ免除相互訪問プログラムに対する政府間協定を破棄すると東京に語った。

モスクワは、紛争島の全日本島住民の家族の墓地への訪問を中止すると発表していませんが、今回の決定により、全島住民に関連する人々が北方の領土に旅行することは事実上難しくなりました。

1958年に設立された旧島の住民団体は、公益財団法人として北方領土を日本に返還するのに中心的な役割を果たしてきました。

(モスクワ局長大前仁が日本語オリジナル)

READ  前オイラーズの選手開発ディレクターリックキャリア、日本代表チームの監督| ホッケー| スポーツ
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours