トップニュース

ロシア、領有権紛争書籍近隣操業に対する日本との取引中断国境紛争ニュース

ロシアの外務省は、日本がクリリル列島の近隣で日本に漁業権を付与する協定による代金を支払わなかったと述べた。

ロシアの外務省は、日本が協定によって要求される支払いをしていないと非難し、紛争中のナムクリル列島付近で日本の漁民が操業できるようにした日本との協定を猶予すると明らかにしました。

マリア・ジャハロバのロシア外務省のスポークスマンは、火曜日の声明を通じて「現在の状況で、我々は日本側が財政的義務をすべて履行するまで、1998年協定の履行を中断するしかない」と述べた。

ロシアでは、クリル(Kurils)と呼ばれ、日本は北方領土(Northern Territories)という一連の火山島は、第二次世界大戦公式平和条約に署名することができなかった両国間の数十年間の不和の核心です。

モスクワはオホーツク海と太平洋を分ける戦略的列島を自国の領土とみなし、東京は4つの島が日本に属し、戦争末期にソ連軍が占領したと明らかにしました。

去る10月、日本の信任首相岸田文夫(Fumio Kishida)は、日本の主権が日本最北端である北海道の北海岸からわずか数キロ離れたところにあるイトゥルプ(Iturup)、クナシル(Kunashir)、シコタン(Shikotan)ハボマイの4つの島に拡張されると述べました。 主な島。

クレムリンはその主張を非難した。

ロシアのウクライナ侵攻がヨーロッパとアジアの安全保障環境を悪化させているという懸念が共通している中、日本とNATOの管理者が火曜日軍事協力を強化し、合同訓練を実施することに合意したことで、モスクワの漁業協定中断発表が出た。 。

日本は2月、モスクワ侵攻以後、ロシア管理と億万長者の資産凍結、貿易及び投資制限、ウクライナ支援などロシアに対する制裁措置に米国とヨーロッパに合流した。

岸田首相は去る5月、日本がロシア産原油の輸入を原則的に禁止すると発表し、すでにロシア産石炭の輸入を段階的に中断すると発表した。

日本、NATOとの関係強化

岸野武夫日本防衛賞は、火曜日、ロブ・バウアー(Rob Bauer)NATO軍事委員会委員長との会議の開始で、日本が欧州諸国との関係を強化することを希望し、インド太平洋地域でNATOの拡大した介入を歓迎すると述べた。

岸首相は「ヨーロッパとアジアの安全保障は、特に国際社会が深刻な挑戦に直面している状況で密接に絡み合っている」と話した。

バウアーの東京訪問は、日本の海上自衛隊が地中海でNATO海軍訓練に参加することによって行われます。

日本防衛省は火曜日にも「北朝鮮の反復的な弾道ミサイル発射など安保環境がさらに厳しくなる中」と日本と米国の戦闘機が日本海上空で合同飛行訓練を行ったと発表した。

モスクワと東京の間の紛争の中心にある4つの島は、ロシアのサハリン島の南東に位置し、行政的に同じ地域の一部です。

戦略的に、ロシアはクナシル島とイトゥルーフ島の間の海峡が冬に凍結しないため、ウラジオストクに拠点を置く太平洋艦隊と潜水艦のためにこの島を統制することで、ロシアは太平洋に一年中アクセスできます。

ロシアは諸島に軍事基地を保有し、島にミサイルシステムを配置した。

人口約20,000人の島は、温泉や鉱物、そして超音速航空機の生産に使用されるレニウムなどの希土類金属が豊富です。

READ  フィリピンのバナナの栽培者は、日本の消費者に価格を引き上げるように訴えます。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close