ロシアで救出されたポーランドの孤児を記念する日本の彫刻

1 min read

100年前にロシアシベリアで避難した後、東京で世話をされたポーランドの孤児の何百人を記念するために、日本で陶磁器の浮彫彫刻が公開された。

この日のイベントには、構造化されたポーランドの子供たちの子孫が参加し、祖先の写真を再現した。 日本の 高島も久子姫も参加 行事では日本に感謝を表わすアンジェが置くポーランド大統領の手紙が朗読された。

1919年、ロシアのウラジオストクでポーランド極東児童構造委員会が設立されました。 その目的は、ロシア革命とポーランド – ソ連戦争の勃発後、シベリアで困難な状況に直面したポーランド民族孤児を避難させることでした。

1918年以前、ポーランドは国家として存在せず、代わりにドイツ、オーストリア – ハンガリー、ロシアに分割されていました。 シベリアのポーランドの子供たちの多くは、ロシアの支配下でそこに送られたポーランドの政治亡命者の子孫でした。 他の人はシベリア横断鉄道の建設に参加したポーランド人の子孫でした。

1918年、ポーランド独立国家が誕生した後、新興ソ連との戦争が勃発し、1921年まで続いた。

これにより、「輸送が不可能になりました。 [the children] 敵軍がワルシャワの近くにあり、国全体を脅かしたからです。」 ポーランド国立記念研究所(IPN)は言います。 「[But] それらをシベリアに残すことは不可能でした。 なぜなら、戦争と無政府状態が子どもたちを確実な破滅に追いやっていったからです。」

代わりに、1920年から1922年の間に、800人を超えるポーランドの子供たちがロシアの極東地域で避難しました。 目標は、彼らをアメリカに連れて行き、大規模なポーランド共同体の世話をした後、安全だと判断されたらポーランドに移住することでした。

しかし、最初の目的地は日本であり、日本政府と赤十字は子供たちを輸送するだけでなく、彼らが日本にいる間に医療、住宅、その他の形態の支援を提供するのに役立ちました。

19世紀に仏教徒が設立した東京の福田海孤児院は、約400人のポーランドの子供たちを収容し、数ヶ月間受け入れました。

難民はそこで治療を受けてから1921年にシアトルに移され、その後シカゴに移され、そこでポーランドのピアニスト、作曲家、独立運動家のJan Ignacy Paderewskiの支援を受けました。 翌年、子供たちはポーランドに定住しました。

先週、福田海社会福祉センターでは、シベリア孤児を描いた陶磁器の扶助が公開されました。 これは、ポーランドの子供たちの姿を盛り込んだ日本赤十字記録保管所の写真を元にしたものです。

公開を記念して、現在、ポーランド、カナダ、イギリス、アメリカ、オーストラリアに住んでいる難民の子供たちの子孫30人が、同様の写真のためにポーズをとっています。

救助された人々の一人であるPaweł Hałaburdzinは、当時15歳の祖父ピオトルも、構造化された人々の1人であり、ポールスキーラジオに「祖父の人生の一部だった場所を見る』がどれほど感動的だったと言いました。 彼と他の子孫は地元のカトリック教会、動物園、仏教寺院を訪れました。

ポーランド国営放送であるTVPは、ドゥダ大統領が記念式で朗読した手紙で、日本が孤児たちに提供した助けにポーランドが感謝を表したと報じた。

最初のポーランドの子供たちのグループが福田海に到着した後、約400人の孤児を乗せた2番目の輸送船が大阪市立病院の看護師寮に収容されました。

昨年、ドゥーダの最初の領主であるアガタ・コンハウザー・ドゥーダ(Agata Kornhauser-Duda)夫人は、シベリア孤児のポーランド帰還100周年を記念するためにワルシャワ駐在日本大使館が主催したイベントに参加しました。 先に彼女は2019年の日本旅行中に福田海を訪れたことがある。


Notes fromポーランドは、小規模編集チームによって運営され、読者の寄付を通じて資金を調達する独立した非営利財団によって発行されます。 あなたの支援なしに私たちがすることはできません。

メインイメージソース: 田中久美15/X

READ  IVE、日本初のミニアルバム「WAVE」発売
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours