ロシアの「調査中」北朝鮮のICBMが経済水域に落ちたという報告

Estimated read time 1 min read

北朝鮮政府が提供したこの写真は4月13日、北朝鮮内の非公開場所で火星-18型大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射の様子を収めた写真だ。 写真=北朝鮮公報室/UPI

7月15日(UPI) – クレムリン宮は、土曜日、北朝鮮が今週発射した論議の多い大陸間弾道ミサイル(ICBM)が領海に落ちたという報道を確認していると公式メディアが報道しました。

アンドレイ・ルデンコ(Andrey Rudenko)ロシア外務次官は、北朝鮮が水曜日に発射した火星-18型固体推進ICBMが東海(東海)ロシア排他的経済水域(EEZ)に落ちたという報道についてロシア外務省と国防部が調査しているとロシア国営通信事業者を通じて明らかにした。 TASSレポート

広告する

しかし、まだ確認されたことはないと付け加えました。

Rudenkoは、「私の知る限り、同僚は国防総省と一緒にこの事件を調査し続けていますが、これまでミサイルがロシアの経済圏に落ちたという明確な情報はありません」とRudenkoは言いました。

金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が直接監督した水曜日、ICBM発射は国際的非難を呼び起こし、国連安全保障理事会緊急会議を促した。

北朝鮮は2006年からミサイルと核プログラムに対する国連制裁を受けており、弾道ミサイル技術の開発が禁止されている。 火星-18型ICBMは新しい固体燃料ミサイルで、アナリストたちは北朝鮮の液体燃料モデルよりも機動性が高く、発射が速いと述べた。

Jeffrey DeLaurentis アメリカ大使は 共同声明 10の加盟国が北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を「可能な最も強力な用語で」糾弾した。

安保理はこの挑発の前で沈黙を続けることができず、私たちは北朝鮮とすべての拡散勢力にこれらの行動が違法、不安定、正規化されないという明確で集団的な信号を送らなければなりません。 声明が言った。

キム・ソン北朝鮮特使は安全保障理事会にまれに姿を現し、今回の打ち上げを自衛権訓練と呼び、米国と同盟国が朝鮮半島の緊張を誘発したと非難しました。

ロシアのRudenkoは、このような感情を反映して、北朝鮮のICBMの打ち上げは、北朝鮮が取った「挑発的な」行動への対応だと述べた。 アメリカ そしてその同盟国。

READ  日 - アフリカ経済協力会議の開幕
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours