経済

ロシアのエネルギー輸入問題にビジネス大物を混ぜる

朝日新聞の調査によると、日本全国の100社の主要企業のうち、31社がロシアのウクライナ侵攻に関連してロシアの資源収入を中断​​または縮小する措置を支持する一方、多数の企業は立​​場を表明しないことを示している出ました。

日本がロシア産石油と天然ガスを引き続き輸入しなければならないかどうかを尋ねる質問に、26人は減縮を、5人は即時または来年またはそれ以降に収入を中断​​しなければならないと述べた。 67社はどちらも言えないか、「その他」と答えた。

東京はすでにヨーロッパと米国に合わせてロシア産原油の輸入を段階的に中断する計画を発表した。 しかし、日本のLNG輸入の約10%を占めるロシアから液化天然ガスを引き続き輸入する計画だ。

日本テレグラフとテレフォン株式会社(NTT)のAkira Shimadaの上級副社長は、「日本はより安定した供給を提供できるサプライヤーに移動し、リスクをヘッジする必要があります」と述べた。

どちらも答えていない企業の長は、自分の立場を明らかにしていない理由を説明した。

Suntory Holdings Ltd.の社長である Takeshi Niinami は次のように語った。 日本がロシアのサハリン2LNGプロジェクトから撤収しながら「私たちはどの国を好むかなど包括的な決定を下さなければならない」と話した。

日閣秋弘東レ社長は「企業界が政府の政策を支持しなければならない」と話した。

サハリン2号プロジェクトに投資した三菱(株)の中西勝谷社長は「エネルギー安全保障と直結する難しい問題」と話した。

中西は「(ロシア産)供給支障が国内経済と社会全体に及ぼす影響を考慮した後、決定が下されなければならない」と付け加えた。

調査によると、ロシア侵攻後の53社がロシアに関連する事業や取引を中断または縮小した。

ロシア関連事業のない企業を除くと、70%以上の企業が事業を縮小または縮小したが、これは明らかにロシアから離れていることを示唆する。

42人はロシアとの事業を中断したと話し、11人は中断せずに事業規模を縮小したと話した。

彼らの運営は、ロシアでの生産、販売、輸送から金融、通信、インターネットサービスまで、さまざまです。

両社は依然として以前と同様にロシア関連事業を行っていると伝えた。

侵攻による営業影響を問う質問には、24社が「ロシア関連事業の中断または縮小」を挙げた。 複数の回答が許可されました。

ただし、取引額が少なく事業成果に及ぼす影響は制限的であるという意見が多かった。

READ  東南アジアの経済は新興より沈没しそうだ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close