経済

ロシアの北部領土帰還の見通しが暗くなる

ウラジミール・プーチン大統領は、2022年3月10日木曜日、モスクワでのリモートビデオ会議を通じて政府のメンバーとの会議を主催しています。 (ミハイル・クリメンティエフ、スプートニク、クレムリンプール写真、AP)

ロシアの外務省は月曜日の声明で日本との平和協定交渉を中断すると明らかにした。 ロシアが一方的に会談の持続を拒否し、北方領土問題をはじめとする両国関係改善の道が一層厳しくなっている。

日本政府は、近年、ロシアが妥協するよう奨励するために、経済協力を進めてロシアとの信頼を築こうと努めてきた。 これまで目に見える成果が出てこなかったため、ウラジミール・プーチン大統領政権の下で量子交渉が進展する見通しはこれまで以上に暗くなった。

岸田文雄日本首相は20日の夕方、首相官邸で記者たちと会い、「日本は国際秩序の根幹を十分守るために国際社会と連帯して断固たる措置を取る」と強調した。

日本との平和協定交渉の中断は、欧州諸国と米国によって日本がロシアに対するウクライナ侵攻制裁に対する報復措置だ。 プーチン政権は制裁を平和協定と連携して日本に圧力を加えている。

2014年ロシアがウクライナ南部地域のクリーム半島を併合したとき、日本は米国とヨーロッパ諸国が施行した制裁ほど厳しい制裁を加えなかった。 ロシアも当時日本に対して顕著な報復措置を取らなかった。

最近日本が課した制裁はロシアの予想をはるかに上回ったと評価され、ロシアがこれを厳重に受け入れた可能性がある。

ロシアは、岸田が最近訪れたインドとカンボジアの指導者たちとの会談で、ウクライナに対するロシアの侵略を批判し、日本に対してもっと憤慨したようだ。

ロシア外務省は声明を通じて条約交渉について「現在の状況で続ける意思がない」と明らかにした。 ただし、今後の会談再開の余地を残したものと解釈できる。

日本がロシアに交渉再開を要求する可能性があるという前提のもと、ロシアが会談再開条件で制裁解除を要求する可能性もある。

一方、ロシアが日本を「非友好的国家」に指定し、日本政府の上級管理の言葉のように「すでにロシアの報復を考慮した」という日本側の見解が支配的だ。

執権自民党の河野太郎元外務相は、火曜日のオンラインプログラムで、政府がロシアに対する経済制裁を加えた時、会談中断の準備ができていたと話した。 続いて「プーチン政権が崩壊してから再会談をするしかない」と話した。

日本政府はこれまで、経済協力を地理的に領有権交渉を推進する戦略を使ってきた。 2016年12月当時、安倍晋三首相時代の首脳会談で両国は北島で経済活動を共同で推進することに合意した。 2017年9月、両国は観光、ごみ処理など5つの事業を早期に着手することに合意した。 2019年には実験的な日本語観光ツアーを行ったが、本格的な運営につながることはなかった。

日本は経済協力分野で成果を築いてきたが、ロシアに対する態度を緩和しなかった。

萩宇田小一ロシア経済産業賞も「代理制裁をはじめとする最新動向に対処するのに全力を尽くす」と話した。

日本とロシアが中国の負傷を念頭に置いて、初めて外務大臣と国防長官が2+2対話をするなど、安保的な次元でお互いに近づこうとする時があった。 しかし、環境は完全に変わりました。

日本側はロシアが極東地域で軍事力増強を強化できると仮定して警戒を遅らせていない。 ロシアはウクライナ侵攻後、今月初めから北方領土などで高性能地対空ミサイル発射訓練を行い、海軍艦艇を近隣海域で繰り返し出航するなど軍事活動を強力に強化している。 日本。 ロシア人と推定される航空機も北海道上空日本領空に入った。

岸田首相はこの日、記者たちにロシアの挑発の可能性を尋ねる質問に「多様な変化に対応できるように状況を礼儀注視しなければならない」と話した。

READ  円安、価格上昇で中小企業に「戻る」

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close