ロシアの女性、第二次世界大戦当時、両親が出産後に殺害しようとした後、脳に針を挿したまま生活したまま発見

Estimated read time 1 min read

ロシアのサハリンの孤立した地域に住む80歳の女性が脳に針を挿したまま生涯を生きてきた。 おそらく彼女が失敗したヤングアサルの犠牲者だったためと思われると現地保健当局が水曜日明らかにした。

サハリン保健局は、声明を通じて医師がCT撮影中に異物を発見したと明らかにし、女性の健康は危険ではなく、注射針が頭痛を含む生涯にわたって目立つ病気を引き起こさなかったと付け加えた。

保健当局がCTスキャン映像を公開した。 電報女性の脳に刺さった針のさまざまな外観を示しています。

医師は、ロシアの孤立したサハリン地域に住む80歳の女性が、生涯の間に脳に針を差し込んだまま生きてきたと話しました。 彼女の医者はCTスキャン中に異物を発見しました。

サハリン保健省


彼女は第二次世界大戦中、ソ連軍がドイツ軍の攻勢に対抗して激しい戦闘を行っていた1943年、地域住民たちが食糧不足で苦労していた1943年に生まれた。 保健省は、この女性の両親が自分たちが彼女に餌を与えることができないと考えて、生まれたばかりの子供を殺そうとした可能性があると指摘しました。

保健部は声明を通じて「飢饉期間中、このような事例は珍しいことではなかった」とし、「細い針が赤ちゃんの天文に挿入され、脳が損傷した」と明らかにした。 「天文はすぐに閉じて犯罪の痕跡を隠し、赤ちゃんは死んだ」

医師は、針を外科的に取り外さないことを決めたと述べた。 その過程でより多くの害を及ぼす可能性があるからです。

「針は彼女の左頭頂葉を貫通したが、意図した効果はなかった。少女は生き残った」と声明は言った。

その女性の医者は、彼女の状態を監視し続けると言いました。

READ  香港の次期行政長官は北京忠誠派ジョン・リー(John Lee)になるだろう。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours