理科

ロシア宇宙社長はINTERSTELLARの言及を「人的要因」に触発させたNauka研究所事件を非難し – RT Russia&旧ソ連

Roscosmosの責任者であるRoscosmos局長はISSでNaukaモジュールの成功ドッキング後、地上制御チームがあまりにもお祝いを受けたことがあると言いました。

ロシア多目的室モジュール(MLM)であるナウカー先週発射され、14年の遅れの端木曜日、国際宇宙ステーションにドッキングして、ロシア宇宙局、Roscosmos世界中の宇宙ファンにお祝いする十分な理由があった。 ただし、モジュールが予期せずスクリューを再発射し始め、宇宙ステーション全体を回転させ、乗員を一種の綱引きに送信宇宙ステーションのロシアのモジュールは、傾きを補正します。

ありがたいことに、状況はすぐに制御され、NASAは宇宙飛行士と宇宙飛行士が、決して危険にさらされたことがない、すべての人に確信させた。 かといって、Twitterのコメント作成者が制御不能の回転宇宙ステーションにドッキングする場面を特徴とする映画「インターステラ」のミームと言及を生成することを防ぐことはできませんでし。

予期せぬ軌道ドラマを起こした原因についての質問が提起されRoscosmosのDmitry Rogozin代表は金曜日にこの事件について公にコメントしました。 Komsomolskaya Pravdaラジオ局とのインタビューで、RogozinはNauka事件を原因として指摘しました。 「人的要因」 ドッキング後、地上管制所の感情。

「人間の要素と言いたい。 みんなも神ウォブル [after the docking]、チームはどの程度の境界を失った。 おそらくオペレータの誰かがモジュールの制御システムを考慮せずに、宇宙から継続調整されます。 “ Rogozinは、ドッキングした後、誰かが新しいモジュールの方向制御システムをシャットダウンすることを忘れていたことを効果的に示唆と言いました。



rt.comも
軌道での事故! 新しいロシアのモジュールNaukaがISSを回転させた後、宇宙飛行士が右に傾いた宇宙ステーションに出撃します。


Naukaのスクリューは、ステーションを約45度回転させた後、ISSを高度に落としました。 駅は間もなく所定の位置に戻った。 ロゴジンは、その事件が経験と述べた “で学ぶ、” しかし、深刻な事故はありません。

「スクリューの推進力は、ZvezdaモジュールとProgress貨物船の他のロシア製スクリューにすぐに補償された。 “ 彼は言った。

したがって、オペレータである私達が少しのエラーを犯しても、このエラーはすぐに修正されました。

Naukaは、ロシアの20歳のモジュールPirsがステーションにドッキング解除されて待機で燃えてしまった後、ISSに到着しました。 より大きく、より広い新しい研究室は、6人使用できる酸素を生成し、廃棄物を水で再利用することができます。 また、欧州宇宙機関(ESA)がモジュールに追加された11メートルの長さのヨーロッパのロボットアームと一緒に提供しています。

ISSをしばらく回すことに加え木曜日の事件は、乗組員のスケジュールを少し壊してしまいました。 乗組員はNaukaが到着して6時間後にハッチが開かれることを期待したが、作業は約一日延期された。 しかし、乱暴なモジュールは、その後に予期しない動作を示しておらず、モジュールのハッチが金曜日に最終的に開かれました。

ロシアの宇宙飛行士のオレグノビツキーとペトル二ジュボがMLMに進入した最初のISSの乗組員がいます。 宇宙飛行士は、モジュールの内部を確認し、空気をサンプリングして、モジュールの空気浄化システムにフィルタをインストールする必要があります。



rt.comも
WATCH:ロシアの実験室モジュール」Nauka」が地球から発射されてから8日後に国際宇宙ステーションに正常にドッキング


新しいモジュールが完全に機能するには、まだ長い道のり遠いです。 駅に完全に統合するには、複数の宇宙遊泳とその他の作業が必要だからです。 MLMは2025年にロシアがISSから撤退するまで、ロシアの乗組員を新た実験で忙しくなる。 同時にRoscosmosは新しいロシアの宇宙ステーションの計画を進めています。 機関は、土曜日に計画の最初の詳細を公開する予定です。

友人が関心を持つことが必要でしょうか? この物語を共有してください!

READ  ロシア凍土から出てきた線虫 - ロシアのビヨンド

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close