経済

ロシア:来年免税登録可能

ロシア政府は、日本が主張するロシア統制島の計画された関税免除区域で事業をしようとする企業の登録を早ければ来年から始まると明らかにしました。

金曜日の会議で、ロシア政府はクリル列島にこの地域を導入する準備を議論しました。 日本が領有権を主張している4つの島があります。

アントン・シルアノフ財務長官は、この地域で事業を行う企業は、最大20年間、法人税と財産税を含む主要税が免除されると述べた。 彼は利点が前例のないと言いました。

大臣はまた、政府が2046年までにこのプログラムを継続する計画だと述べた。

9月にウラジミール・プーチン大統領は外国人投資誘致のための関税免除区域計画を発表しました。

2人のロシア副首相が10月に4つの島のうちの1つであるエトロプ島を訪れました。

日本はすでにロシアにこの計画が両国の法的地位を侵害しないという前提のもとに、島で共同経済活動をすることにした合意に反すると述べた。

日本政府は、島が日本の領土の固有の一部であると主張しています。 第二次世界大戦以降、違法に占領された島だそうです。

READ  日本、財政改革公約-Malaya Business Insight

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close