トップニュース

ロッテが拡散した後の初優勝1回藤原牽引初安打 – プロ野球:日刊スポーツ

ロッテのオリックス5回裏ロッテ無事藤原は右前安打を放つ(撮影・鈴木雅人)

<롯데 4-1 오릭스> ◇7日◇ZOZOマリン

#コロナに負けるな! ロッテが7日オリックス戦(ZOZOマリン)で、チーム内で新型コロナウイルス感染拡大後初勝利を収めた。 5回井上晴れ哉内野手(31)が先制13号3ランで初めて決定した。 試合前に新しく岡大海外獣(29)が陽性反応を示した岩下の濃厚接触者で離脱。 1軍電力が減る中で、昇格チームの藤原恭大外野手(20)が得点に絡むなど中堅若手が一体となって残って先頭ソフトバンクに1ゲーム差と迫った。

◇◇◇

高卒2年目ロッテ藤原がシーズン初安打と初犠打にした。 1番左翼で、昨年4月6日から1軍出場。 5回、先頭の第3打席オリックスアルバスの直球をはじき返すと打球は一塁手の隣に落ちた。 「1打席目直球に、当該第二の打席は変化球にされたので、ストレートなのに合わせて、初球から積極的に打った」と右前安打を喜んだ。

7回には無事1,2塁でキャッチャー犠打を決定し、4回目となる中村映画賞の犠牲フライで接続した。 井口監督は「農場からバントの機会はなかなかだが、確かに定めた」と評した。

藤原は昨シーズン、高卒新人で開幕スタメンの座をつかんで6試合を経験した。 登録抹消のメンバーは、遊撃と外野が多く上昇した若い選手たちが抜擢されるのは、遊撃と左翼になる。 井口監督は「帰ってきたら1人ずつ(昇格チームは)減少するので、生存を含むてほしいと思っています」と続けの頑張りを期待した。[카 마타 요시미]

READ  世界で最も古い国、日本の自動車衝突、自動車メーカーの変化に拍車

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close