スポーツ

ロッテ井上が涙のサヨナラ安打濡れていく赤の世界 – プロ野球:日刊スポーツ

ロッテの楽天お立ち台に涙ぐむロッテ井上(撮影・鈴木雅人)

<롯데 4-3 낙천> ◇13日◇ZOZOマリン

#コロナに負けるなアザが泣いた。 ロッテ井上晴れ哉内野手(31)が楽天19ラウンド(ZOZOマリン)の9回終了塁打を放った。 コロナ流行に主力が10人以上の離脱するチームを連覇で求めた。 5回まで0-3で敗色ムードも6回以降1点ずつ返し、今季5回目の別れ劇。 逆転はリーグ最多の27回目だ。 同僚の方まで振り抜く男の一打でリードソフトバンクから2試合車残っ離れることなく、3位楽天とのゲーム差は6広げた。

◇◇◇

泣きたい夜もある。 叫んだと武士が入ったところで良い。 「期待に応えず、」と切って声がひっくり返った。」どうやら応えたい! どうしてもてたく何とかしました。」お立ち台の告白にZOZOマリンあちこちで涙が落ちた。

男の勝負は9回1死1塁。 右中間に移し、2塁を過ぎると膝をつき歓喜を待っていた。 フィルターで常にすることができる。 「スタンドを見たんですよ、ああ、このようにゲスト入ってるな〜と。」 フィールドの中心から1人送る。 この日は自分も仲間もスタンドも真っ赤な「CHIBAユニフォーム “赤い世界はますます潤み両手を震わせ空にした。

常に陽気である。 見逃し三振をしても、自分自身を納得させるような表情に戻っていく。 悔しいしないはずがない。 特に最近5試合20打席で11三振。 「映像で振り返っても明らかに自分の状態が良くないのは知っていて、なんとかしたい。しなければならない」と自らを精神的に追い込んところだった。 自宅で愛する息子に癒えますが、結局は野球をして遊んでいる。

「アザ」と親しまれて7年目。 31歳になった。 頼れる先輩たちが今、コロナと戦っている。 主力で奮闘違いない。 「(奮闘)は、これまでよりも最も強いですが、実際に何とかしたいという気持ちが。漂流して処理する仕方ない。」 まだ万全ではない。 もがい最後に運んだ続け練習してきた右中間だった。

弱い楽天に押されて半ばまでため息が競技場を覆った。 「しかし、いつかは絶対に逆転できるってすべてを信じています。 ” 逆転優勝のパスワードは「JUST GO FOR IT(ここでは、突き破れ)」 自分3回目終了安打がインポートされたが、1勝非常に大きい。 赤い歓喜に包まれアザロ増田がマーティンが安田が次々走っていった。 目を赤く花をすすりながら、「私は、なぜ泣いていますか?」と何度も尋ねた。 誰もが答えを知っていた。[카네코 마사미]

READ  久保建英、EL3アシスト目の活躍を海外記者賞賛 "エメリーはなぜベンチに置くか理解している」| Football ZONE WEB /サッカージョンウェブ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close