エンターテインメント

ロバート秋山が私社通いを再開暗い夜に溶け線姿 – ライブドアニュース

ロバート秋山こと歳通いを再開暗い夜に溶け線様子

コンビニから出た秋山

写真の拡大


8月中旬、都内でコンビニで大きなリュックを背負って出てきたのは、笑いトリオロバート秋山リュウ(42歳)。 カメラのISO感度を最大限に上げて撮らなければ夜の闇に溶けてしまうほど日焼けいる。

[사진]まさに暗い夜に溶けている? ロバート秋山真っ黒焼けた日焼け姿

この体を生かして梅宮辰夫氏(享年81)の仮面を書く “体真似」などのバラエティ番組で人気を確立してきた秋山。

したギャグ企画会社のマネージャーは「ロバートは9年前に「キング・オブ・コント」で優勝したが、秋山さんが天才と呼ばれるギャグセンスをさらに発揮してきたのは5年前から伝え続けてYouTube」ロバート秋山のクリエイターズファイル」です」と述べた。

秋山が仮想の有名人に扮して「情熱大陸」(TBS系)と「専門職の方式」(NHK)のようなドキュメンタリー風コントを伝えた。登録者数は約58万人、100万回再生を超える動画をどのくらいでも作ってきた。まさに芸能人YouTubeの先駆者である。

前のマネージャーは「毎日インスタント内容を伝達するのではなく動画1つ1つの丁寧に作り込んで公開するので、すべてのクオリティがピカイチ天才型憑依型と呼ばれていますが、すぐに笑いの職人です。 “

お酒もタバコも、当該ずひたすら笑いを追求するタイプというものである。 そんな秋山だが、今年は新型コロナウイルスの自粛期間中に気力を失っていたという。

アキヤマウル知っている後輩芸能人は「自粛期間中のサロンの休業もあってか、子供の頃から続いた紫外線もやめました」と言う。 自粛生活の中で仕事がなくなった時期は、しばしば「笑いかすがなくなり、このまま行けば(笑かす)欲が失われてくるかも」とぼやくほどだった。

しかし、自粛が明るく日、肉通いも再開した。 今では同じ美容室に通うモデルのみチョッパー(21歳)と情報交換をしながら誰が最初に元の黒に戻ることができるか競争しているという。 8月29日には「IPPONグランプリ」(フジTV系)などでその才能をぶつけ合っているバカリズム(44歳)と特番「ばかり&秋山の信徒の家に生まれました! 〜今なら面白いとんでもない人生」(TV東京系)に出演するなど、意欲も戻ってきた。

今後もますます黒くなって、独特の笑いを量産続けたい。

READ  金魚が衰弱したまま...人気展覧会「アートアクアリウム」現場写真が波紋取材主催「今は全く違う」→一体何が? :J-CASTニュース[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close