エンターテインメント

ロボティクスエンジニアが2022年に最も高い給与を受ける上位10カ国


ディシャ・シンハ
2022年2月27日

ロボットエンジニアが高い給与を受けるために上位10カ国に支援

AIレースと同様に、世界中の国々にロボットレースがあります。 低開発国、発展途上国、先進国など多様な国家がこの競争に積極的に参加しています。 彼らは生産性を高め、世界中のロボット分野で最高の位置を占めるために、ロボット工学の専門家と最高のロボット工学エンジニアを引き付けています。 彼らはロボット工学のエンジニアにロボット工学で最高の給料を支払うことに非常に興味があります。 ロボット工学エンジニアが2022年にロボット工学の分野で最も高い給与を受けることができる上位10カ国のいくつかを見てみましょう。

シンガポール

シンガポールは、ロボット工学がシンガポールのSmart Nation Initiativeの一部であるため、ロボットエンジニアにとって最高の国の1つです。 韓国に続いて2番目に自動化された国です。 国家はロボット工学を人口を管理し、労働問題を効率的に解決するためのソリューションと考えています。 したがって、ロボット工学の専門家とロボット工学エンジニアに最高の給与の1つを支払います。

ロボット工学の給与: 4,280 SGD -12,600 SGD/月

韓国

韓国は、最も自動化された国として世界のロボット競争で先頭を走っている国です。 ロボット工学の専門家とロボット工学エンジニアを排出する32以上のロボット工学大学があります。 政府基金の支援により、ロボット工学分野で最も高い給与を職務の役割に支払っています。

ロボット工学の給与: ¥44,500,000- ¥80,000,000

アメリカ

ロボット工学市場は近年、米国で指数関数的に成長しています。 ロボット工学エンジニアとロボット工学の専門家が高い給与を得るための十分な機会と収益を生み出すために投資する評判の良いアメリカのロボット工学株式がいくつかあります。

ロボット工学の給与: 年間US$50,000-US$185,000

中国

中国は、ロボット工学への投資と政府の資金援助により、産業用ロボットの世界最大の市場として知られています。 中国全土で顧客サービスのロボットが大幅に増加し、ロボット工学の専門家だけでなく、いくつかのロボット工学の専門家を引き付けました。 ロボット工学の分野で最高の給与を提供する国の一つとして、ロボット工学エンジニアを雇うための最良の国の一つとなりました。

ロボット工学の給与: 月28,000円~45,000円

日本

日本は産業用ロボットの商業生産で定評のあるロボット工学分野でよく知られている名前の一つです。 日本では、ヒューマノイドロボット、エンターテイメントロボット、動物ロボット、経費ロボット、産業用ロボットなど様々なロボットが生産されています。 ロボット工学分野で最も高い給与を受ける若くて経験豊富なロボット専門家を誘致しています。 この分野で学び、成長するのに十分な範囲と機会を持つロボット工学エンジニアにとって最高の国となっています。

ロボット工学給与: ¥7,000,000- ¥13,000,000

ドイツ

ドイツは、複数のロボットエンジニアやその他のロボット専門家を引き付け、グローバルロボットハブに変身しています。 最高のロボット研究機関やロボット研究所とともに、産業用ロボットを継続的に生産しています。 ドイツは収益性の高い給与パッケージで、2022年のロボット工学エンジニアにとって最高の国の1つになりました。

ロボット工学の給与: 55.000€-85.000€

デンマーク

デンマークは、ロボットのスマートアプリケーションに最も熱狂的な態度を示すことで有名です。 著名で経験豊富なロボット工学の専門家とロボット工学エンジニアの助けを借りて、ロボット、オートメーション、ドローン業界が繁栄し、ヨーロッパのロボットハブとして成功を収めました。

ロボット工学の給与: 500.000 JPY-930.000 JPY

スペイン

スペインは、ロボット工学アプリケーションでベンチマークを設定し、産業用ロボットが最も多く設置された4番目のヨーロッパ諸国になりました。 ロボット工学エンジニアがかなりの給与を受ける最高の国の一つです。

ロボット工学の給与: 8,500ユーロ~5,000ユーロ

イタリア

イタリアは、全国および世界中の製造会社のための産業用ロボットの製造に注力しています。 この国は、COVID-19感染症の急激な影響の後、自動化とロボットにさらに集中しています。 ロボット工学のエンジニアとロボットの専門家は、次の自動化革命において重要な役割を果たすことができます。

ロボット工学の給与: €45.000-85.000€

インド

インドは、プロのコースを提供する何百ものロボット工学会社や教育機関を通じて、ロボット工学エンジニアや他のロボット工学の専門家に数多くの機会を提供しました。 インドのロボット会社は、さらなる改善のために数百万ドル相当のロボット投資を確保しています。

ロボット工学の給与: 月 Rs.16,000- Rs.50,000

この記事を共有

共有を実践する

READ  そびえ立つミュージカル劇場巨匠スティーブン・ソンドハイム(Stephen Sondheim)、今年91歳で別税

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close