スポーツ

ロマングロージャン「ハースF1お金が必要だった」[F1-Gate.com]

ロマングロージャンハースF1で2021年に自分とケビンまくりヌトセン二人と維持するという決定が経済的な理由で行われたことが分かったと発表した。

ハースF1は、10月22日(木)にロマンその場のケビンまくりヌト千賀今季末にチームを去ることを発表。 その長2016年にハースF1初参戦の時からチームに所属してい翌年に加入したケビン・ハーネスヌトセンワ4年間の仲間を務めてきた。

2021年のドライバーラインナップを一新することになっハースF1は2人の新人を起用すると考えられ、1人のフェラーリジュニアドライバー(おそらくミックシューマッハ)、そしてもう一人は、ロシアでの豊富な資金をチームにもたらすニキータマゼピンがシートを獲得することが期待される。

ロマンその長2021年に自分とケビンまくりヌトセンのうち1人のシートを維持すると考えていたが、両方とも必要ないと伝えられたことに驚いたと言う。

「世界の状況に応じて、おそらく私たちの一人は、シーズンの終わりに放出されるものであることは知っていた」五郎万それ長F1ポルトガルGP木曜日の記者会見で語った。

「新型コロナウイルスによって、世界中の多くの企業に財政的に非常に困難になっている。だから、私たちのいずれかが放出されることは知っていた」

「だから、ギュンター(シュタイナー/チーム代表)から電話がかかってきたときに、「私たちの一人が出るようになることを知っていた」と彼をした」

“しかし、彼は「いや、経済的な理由の両方放出する必要がある」と述べた。だから文句なし完全に理解している。新型コロナウイルスによって、今年は大変な時期であり、多くの産業や企業がそれ苦しんでいることを知ってある “

「チームは別の道を行っている。今後の活躍を祈っている」

ロマングロージャンフォーミュラEとWEC(世界耐久選手権)の転向を検討しているものと理解されている。
「自分がレースをしたいいくつかの議論と、いくつかのオプションがあります」五郎万それ枚述べた。

「勝利の感覚を欠場考えており、この週末は勝利を争える自分は表彰台を争うことができると考えてレース週末に臨む気持ちを欠場と思う.Q1を通過して、何かが起こると、1〜2ポイントは獲得することができると期待しているのではなく勝利と表彰台に到着するために全力を尽くすことができる環境を必要としている “

「こんなときに最善を尽くさなければならないという意味ではないが、レーサーで何かを逃している。自分に良い代替を見つけるとすぐにあなたに知らせることを望む」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマングロージャン / ハース

READ  ジェンソン・バトン「今のハミルトンはマクラーレンF1時代とは、他の人 "[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close