スポーツ

ロマングロージャン「子供のためにも死ぬことはなかった」/ F1バーレーンGPの大炎上衝突で奇跡の生還[F1-Gate.com]

ハースF1のロマングロー長F1バーレーンGPの大きな事故に炎上するシステムで逃げようとすると、「死が今後のが見えた」が「子供のためにも脱出しなければならと自分に言い聞かせた」と述べた。

F1バーレーンGPのオープニングラップでロマングロージャンターン3で障壁に高速で突進した。 機械は二つ分断されてバリアを貫通して炎。 現場直ちに火の海に包まれた。

ロマングロージャン事故後の最初のインタビューで衝突数秒後にコンピュータで行うことができたが、その短い間に、自分の子供のことも、1976年ニュルブルクリンクで開催されたF1ドイツGPでの衝突のように、コンピュータが襲ったニキ・ラウダのさえ思ったと述べた。

「28秒よりもはるかに長く感じた」五郎万それ長 TF1 と述べた。

「管理者がすべてのオレンジ色に変わり、機械の左側に火花が見えた。ニキ・ラウダなど多くのことを考えた。」このように死ぬことはない。 今はない」と考えた。このような形でF1から自分の話を終えることができなかった」

ロマンその場の家族のための機械から降りて来なければならないと自分に言い聞かせたと述べた。

「子供のためにもエスケープする必要がないと自分に言い聞かせた。手は火に包まれていたし、シャーシが燃えているのを確実に感じた。脱出する人が祝福を集めていることを感じ、自分が出てくることができることが分かった」

その人は、FIAの医師であるイアン・ロバーツだった。 彼はメディカルカーのドライバーのアラン・ファン・デル・メルウェアと何人かのマーシャルと現場に到着した最初の人物の一人であり、システムの炎に現場を包みの中にロマンその場の壁を超えれるように引いた。

「自分のことよりも、家族や友人、そして当然子供を考えていた。鼻度は私の最大の誇りであり、エネルギーの源である」とロマングロージャン続けた。

「今までの人生で見た中で最大の衝突であった。機械炎、爆発、バッテリーも炎上したもので、衝撃に多くのエネルギーが加わった「

ロマングロージャン衝突の精神的なイメージは、一生残っていると思いますが、アブダビでのシーズン最終戦でハースF1との最後の戦いのためにF1マシンに再び決意をしていると明らかにした。

「本当に死が今後のが見えたので、いくつかの心理的な作業が必要になると考えている」五郎万それ枚をいう。

「生きていることに幸せを感じており、状況が変わっている。しかし、可能な場合は、アブダビでのコンピュータに戻って別の形でF1から私の話を終える必要がある」

「まるで生まれ変わったようだ。その日、炎から脱出したのは、私の人生に永遠に刻まれるだろう」

「奇跡という言葉が存在するか、それを使用するのかは分からないが、とにかく死ぬ時ではないと考える “

火曜日にハースF1チーム代表であるギュンター・シュタイナーはロマンその場事故で負った火傷の治療を継続するために戻って一晩入院を明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマングロージャン / F1バーレーンGP / ハース

READ  ウォンがゴール巨人最短6日にもマジック "44"点灯 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close