世界

ロンドン・ヒースロー空港、Covid-19に起因する「容認できない」待機時間について、英国政府に非難

(CNN) – ロンドンのヒースロー空港で数時間を待っていることを言及する長い行のイメージがソーシャルメディアに浮上し、空港プレスオフィスは土曜日に英国国境守備隊を批判するように促しました。

ヒースロー空港のスポークスマンは、土曜日の声明を通じて「昨晩(金曜日)勤務中国境守備隊のスタッフが少なすぎて、乗客が収容できない待機時間に直面してされた点について非常に残念に思っている」と述べた。

声明は、「国境軍は家族の追加要求を知っていた、彼らは十分なリソースを提供していなかったことについては非常に失望した」と付け加えた。

国境守備隊は土曜日に状況が「受け入れられない」と認めること内務省に属する。

「ファンデミク期間中、私たちは、すべての乗客が、英国の国民の安全を維持するために施行された健康な措置を遵守するようにするため、待機時間が長くなることがあるという点を明らかにしました。しかし、最後の夜は、ヒースロー空港から見た非常に長い待機時間は容認することはできません。」と国防部は声明のなかで述べている。

声明は声明で「空港は、今年最も忙しい週末を過ごしており、特に電子ゲートを使用することができない12歳未満のお子様連れのご家族の数が非常に多い」と話した。

E-gateは、顔認識技術を使用して、自動セルフサービスステーションが、12歳以下の子供を連れたお客様は、使用することができません。

内務省は「国境軍は名簿と能力を迅速に検討し、待機時間を改善するために、空港全域に従業員を柔軟に配置している」と述べた。

Heathrowのメディア事務所は、ピーク時にすべての出入国管理デスクにスタッフを配置する必要性を強調しながら、ライン管理を支援するために、独自の従業員を使用することができていると言いました。

オフィスは、国境守備隊が「残りの週末より良いサービスを提供できるように、 “この問題を国境守備隊に拡大したと言いました。

READ  「家族の平和調達」ケイトミドルトン、ウィリアムとハリーの破裂を鎮圧

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close