ローマでの章の手術後、教皇の夜「よく過ぎ去った」

Estimated read time 1 min read

教皇は数日間病院で回復していると予想されます。

ローマとロンドン – フランシスコ教皇が水曜日の腸の手術を受けた後、夜を「よく過ごした」とバチカンの管理者は木曜日の朝に言いました。

教皇庁公報室は水曜日の夕方、現地時間で手術が終わり、「合併症なしで3時間手術が行われた」と話しました。 教皇は病院で回復するのに数日を費やすと予想されます。

教皇庁公報室長マテオ・ブルニー(Matteo Bruni)は「教皇は水曜日バチカンで一般アルヒョンを終えた後、ローマにあるジェメリー病院に行き、「全身麻酔下で補形物を用いた開腹術と腹壁形成」を受けたと述べた。 イタリア語の文。

バチカンは、手術が過去数日以内に行われたと述べた。 彼は完全な回復のために数日間病院にとどまると予想されます。

86歳の教皇は呼吸困難を訴えた後、3月に病院で3日を過ごした。

教皇の3月入院は気管支炎から回復し、「正常な医学的進展」で順調に進行されたと当時バチカン関係者は述べた。

フランシスはまた、2年前に憩室狭窄症で腸手術を受けました。 その3時間の手術には、大腸の一部を取り除く半結腸切除術が含まれていました。

フランシスコは去る1月引退した前任教皇ベネディクト16歳の葬儀を主宰した時を含む公開イベントでしばしば車椅子や歩行機を使用します。

バチカン管理者は、木曜日、彼らは水曜日の手順に関する追加情報を公開する予定だと述べた。

READ  アレクセイナバル君、ロシアの裁判所の判決
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours