スポーツ

ローレンススト新型コロナウイルス/レーシングポイントF1[F1-Gate.com]

レーシングポイントF1チームのオーナーであるローレンス・スト新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになった。

レーシングポイントF1ドライバーであり、所有者の息子ランスストはF1アイフェルのGP決勝日の朝に、スイスに帰国して、その日の午後に受けた新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを発表している。

ニュルブルクリンクのレースを欠場したランスストは体の状態は「良い状況」にあると感じており、この週末F1ポルトガルGPに出場を予定していると述べた二流。

その後、チームの所有者で、父のローレンススト新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになった。

レーシングポイントF1の広報担当者は、ローレンスストは10月8日(木)にアストンマーティンの英国本社を訪問し、金曜日に検査を受けた場合には、音声だったと説明した。

その後、スイスに帰国したローレンスストは10月11日(日)夜レーシングポイントF1のプロトコルに基づいて、他の試験を実施して陽性反応が出たという。

ローレンスストは、9月27日F1、ロシアGPも10月11日F1アイフェルGPに参加しなかった。 健康状態には無症状であり、スイスの検疫規則に基づいて強制的な10日間の隔離期間を完了している。

先月無題で開催されたF1トスカーナGP以来のレースに参加していなかったローレンスストは、現在の業務に復帰しているという。

それぞれのタイムラインを考えると、ローレンスストとランスストは善意の反応が出てくる前に、F1アイフェルGPの週末に接触していない。

レーシングポイントF1は10月21日(水)に声明を発表したチーム代表兼CEOオートマ・事後ナウアイランススト新型コロナウイルススキャンのスケジュールを明らかにして、すべてのプロトコルに基づいていたと主張している。

オートマ・事後やオアウン胃のむかつきを含むランスストの症状について医師は新型コロナウイルス検査が必要であるとアドバイスなかった赤らかしている。

「彼は自分の症状が新型コロナウイルスを示していると考えて、医師に相談したが、検査が必要であるとのアドバイスは、受けなかった。この臨床評価に基づいて、当時、病気の性質についてFIAに通知する必要がなかった」とオートマ・事後やエレガントた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レーシングポイント

READ  原監督単独最多1067勝委託/中日戦ライブ詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close