世界

ワクチン接種した看護師が生中継中失神…怪談拡大と米国疾病予防センター」特別なことではない」| Joongang Ilbo | 中央日報

ⓒ中央日報/中央日報日本語版2020.12.21 08:12

米国テネシー州で看護師1人が新型コロナウイルス感染(サス)ワクチンを接種した後倒れる姿が生中継されたせいで、ソーシャルメディアを中心に様々な推測と怪談が広がった。 ロイター通信が19日(現地時間)報道した。 しかし、ワクチン自体の問題ではないのが専門家の説明だ。

何が起こったのか。 ロイターとAP通信などによると、17日CHIメモリアル病院の看護師ティファニードーバー(Tiffany Dover)氏がファイザー – 雨上がりテックワクチンを公開接種した。

その後行われた記者とのインタビューで、額に手を当てながら「非常に軽率な」と言った後席を移動しようとしたが、他の医療スタッフによって課さながら失神した。 接種後17分経過した時に発生したものだった。

◆回復したドーバー氏「私には珍しいことではない」

しばらくして意識と気力を回復したドーバー氏は記者たちと会って、「突然の衝撃を受けたが、今は回復して、腕にあった痛みも消えた」と述べた。 この看護師は、引き続き「時々失神することができる。私には珍しいことではない」と付け加えた。 神経系過敏反応で、過去にも痛みを感じる失神した電力があるという。

病院の集中治療室の医療責任者であるジェシー・タッカー(Jesse Tucker)博士は、現場にいた記者たちに「このような反応は、ワクチンを打って(ワクチンではなく、)は注射をする際によく起こるだろう」と説明した。

しかし、フェイスブックやツイッターなどでは、ドーバー氏が倒れる映像が共有されて波紋が広がった。 AP通信は、「映像が前後の文脈の説明がない状態で、先週末に急速に拡散した」と伝えた。 「看護師が新型コロナウイルスを接種した後気絶した」は、説明を付けたフェイスブックの投稿は5000回以上共有された。 一部のソーシャルメディアのユーザーは映像を見た後、「ワクチンは打たない」とのコメントを残した。

◆米疾病管理予防センター(CDC)」注射の恐怖、不安、痛みなどが一般的な理由 “

CDCは、Webサイトを介して、予防接種後失神する場合は、珍しいことではないウェブサイトを介して説明した。 なぜこのようなことが発生しているかの明確な答えはないが、科学者たちはワクチンのためではない接種過程の問題だと思う。 注射針の恐怖と心理的不安、痛みなどが、一般的な失神理由である。

ニューヨークタイムズ(NYT)によると、米国は、今月14日からファイザー – 雨上がりテックワクチン接種を開始した後、19日現在までに27万人以上がワクチンを接種した。 このうち、アレルギー反応などの副作用が現れた人は6人だったことが分かった。

このうち1人は、以前にもワクチン接種の過程で過敏反応を見せた電力があることが分かった。

CDCは、具体的な情報は公開していないが、米国のマスコミは、アラスカとイリノイ州、シカゴの病院で副作用事例が現れたと報じた。

アラスカでワクチンを接種した医療スタッフ3人の息がしめまいを感じたりしたし、顔に発疹が表示されるアレルギー反応を示した。 シカゴの病院でワクチンを接種した人が手足のしびれや脈拍数が上がる副作用を説明する。

CDCは、彼らが見せてくれたアレルギー反応が「正常範囲」にあって、すぐに治療されたと説明した。

READ  カーン真理子夫人挨拶が...アキ婦人科対照デビュー - 社会:日刊スポーツ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close