スポーツ

ワラビーの息子を要求する日本ラグビー

Jack Cornelsenの父GregはWallabiesラグビーの歴史を作ったが、日本で四番目のシーズンを準備しながら、26歳のフォワードは、他の色のテスト制服を注視しています。

日本のトップリーグは鼻ネルソンのパナソニックワイルドナイツが東京でリコーブラックラムと対抗するために1ヶ月間のコロナ19の遅延後の土曜日に開始されます。

白鷺の凍結今季16チーム大会に出場する30人のオーストラリア人の一人でワラビーの主張マイケル・フーパーとグリーンとゴールドのシニアレベルでプレーした10人のうちの一人です。

Ned Hanigan、Will GeniaとQuade Cooperも日本にいるが、日本の2段階チャレンジリーグで活躍しています。

グレッグ鼻ネルソンが1978年エデンパークから4回試みた歴史的な試合 – オールブラックスを相手にした誰も成し得なかった偉業 – はタスマン両方のラグビー精神にまだしっかりと刻まれています。

ゴールドコーストジュニアのJack Cornelsenは常に父と仲間No.8がワラビーへの道をたどるの夢を見たと言いました。

しかし、2017年Robbie DeansのWild Knightsで2週間行われた試験では、すべてのことを変更しました。

もう日本の試験の選択資格があるCornelsenはBrave Blossomsの手振りで自分の優先順位が停泊地に変わったものとします。

「オーストラリアで育ったWallabiesでプレーがあなたの夢です。しかし、ここにあることと、その瞬間、私はその夢を振った機会があります。」と彼はAAPに話した。

“しかし、例えば、準備が整いまし(日本での操業のためにワラビーで走る機会を犠牲にし)。ブリスベンでのクラブラグビーをしていた起動するために2週間しかかからなかった。しかし、その後、私は本当にこのようにしなさい。そして、それは私が今愛する決定である。」

重要なのは鼻ネルソンが2023年にフランスW杯でワラビーを相手に並んもかかわらず、父の祝福を受けたことです。

鼻ネルソンは「彼はいつもそんなことに対して支持しており、機会がされたときは行ってどうなるか見ようと、元の言った人であること」と述べた。

「外部から見ると、日本は最上位のチームであり、COVIDにより最近、私、ここに住んでいるのが好きだったこと、人、文化、食べ物が変わりました。」

前ワラビースのディーンズ監督は2014年からパナソニックを率いており、フーパーがトヨタヴェルブリッツで前オールブラックスの主張キーラン・リードに参加することにより、これまで以上に多くのオーストラリア人の視線を捕らえた。

Cornelsenは「私はDavid PocockとBerrick Barnes(Panasonicからの)と試合をしており、毎週、世界レベルの選手たちと対決します。」と言いました。

「ノルラウォトゴすべての人が、自分がどこから来たのか、少しの手を加えてくれたので、より多くのものを選択するのに役立ちます。」

READ  ヤクルト連敗5で固定DeNA反撃及ばず/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close