ワラビークリーニングの終了は、エディ・ジョーンズ、日本会議を出たクリス・ウェブブの終了です。

1 min read

ワラビー監督としてのエディ・ジョーンズの任期は、ワールドカップの失敗の影響で、オーストラリアの大規模な清掃が続くにつれてほぼ終わったようです。

初めての予選で終わったワラビーのワールドカップキャンペーンという緩和されていない災害は、アンダーファイアコーチを中心にドラマが飛び出すのを見ました。

ワールドカップ中に爆発したニュース JonesがWallabiesのトーナメント準備の過程で日本のラグビーに出会ったという噂は消えません。

Kayoで50以上のスポーツをライブとオンデマンドでストリーミングします。 今すぐサインアップしてすぐにストリーミングを始めましょう>

ジョーンズは日本との関連性を否定した。彼は誰とも話をしたことがないと主張し、オーストラリアの監督としての位置を再確認しました。

しかし、日本メディアはこう主張した。 ジョーンズが有力候補だった。 元コーチ・ジェイミー・ジョセフ(Jamie Joseph)の後に続く。

オーストラリアの伝説的なティム・ホーラン(Tim Horan)も、シドニー・モーニング・ヘラルド(Sydney Morning Herald)のピーター・フィッツシモンズ(Peter FitzSimons)にこう語りました。 「私はそれが本当であることを知っています。 私のソースとは別に聞きました。 たぶん彼は船の形に変わったら、日本は彼のバックアップ計画だと思ったでしょう。」

から報告を受けた後 CODE Sportsのジェイミー・パンダラムWallabiesの脱出が続くにつれて、Jonesはバックアップ計画を立てる必要があるかもしれません。

報告書によると、「最も信頼された仲間の一人」として尊敬されているクリス・ウェブ団長が最近、有名人の退場として辞任したことが分かった。

Pandaram氏は、Webbがワールドカップより前に別のプロジェクトを準備したが、これらの動きのためにJonesが「失望」するようになったと付け加えた。

ジョーンズはDavid Poeckiと話し合います。 SEBASTIEN BOZON 写真/AFPソース:AFP

ほとんどのスタッフはワールドカップが終わるまで契約を結んでいましたが、退場リストには依然としてセカンダリーコーチのジェイソン・ライルズ、ブレット・ホッグソン、ダン・パルマー、ニール・ハトリー、ピエール・ヘンリー・ブロンカン、ベルリック・バーンズが含まれていました. トーナメントの前日。

報告書は、チームの心理学者を含め、ジョーンズが連れて行った従業員を再契約しないことにした動きを「砂に線が描かれていることを示しています」と呼んでいます。

また、Jonesは、彼の契約に、Rugby Australiaが民間投資資金と集中型モデルを確保できない場合に脱退することを許可する条項がありますが、ゲームでお金を支払う必要がない統治機関に有利な条項もあると述べています。 全期間。

現在、RAの中央化モデルは数週間で競争していますが、ゲーム会長のHamish McLennanは、民間投資の提案が予想より少なく、最大9000万ドルの融資を申請しました。

パンダラムが報告 去る9月、Rugby Australiaはゲーム所有権の20%を見返りに1億5千万~2億ドルを要求しました。

ジョーンズは、自分が解雇されない限り契約を確認すると主張した。 写真:サイドカーン/AFPソース:AFP

投資家は、次の放送取引で大幅な増加を確信していないことが知られています。 現在、オーストラリアのラグビーユニオンに対する権利は、ナイン(Nine)とスタンスポーツ(Stan Sport)が2025年末までに年間約3,300万ドルに保有しています。

ジョーンズは現在11月4日、ウェールズとの戦いでバーバリアンズのコーチのためにウェールズにいます。

しかし、現在の清掃作業が本格化している状況では、ジョーンズの将来は、フランスでのオーストラリアの試合に対するRugby Australiaの独立したレビューによって決定されます。

2週間も経たないスピーチで、Jonesは次のように語りました。 「私はいつもオーストラリアのラグビーに捧げられており、それをより良い場所に任せたいと思います。 それはまだ仕事です。

「(ワラビーの仕事を続けるのは)決して私の決断ではありませんか? 今後、審査が進行中であり、審査が終わると何が起こるのかを見ていきます。」

READ  ウィザーズに加入した「劇薬」ラッセル・ウェストブルックは、チームの悪文化を変えることができるか - バスケットカウント| Basket Count
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours