スポーツ

ワラビー対南アフリカ、結果、反応、マリカコロイベテ、ビデオ、ハイライト

マリカ・コロイベテ(Marika Koroibete)は、彼の黄金時代が終わったと考えた後、ワラビーで走る「特権」が彼を新しい次元に引き上げたとインスピレーションを与える公演の後に隠れたインスピレーションを明らかにしました。

コロイベテはハーフタイムの両側で二度の眩しい活躍を繰り広げた。

30歳のこの選手は前半後半に自分のゴールラインをホーミングミサイルのように疾走し、相手ウィンガーマカゾル・マフィンを狙って競技の決定的瞬間を捉えた。

Springboksのワラビーワルツ| 02:49

右ウィンガーTom Wrightがビンに入った状態で、Koroibeteは左ウィングからウィングにパワー疾走して彼のバック3チームの同僚を保護し、ワールドカップ優勝ウィンガーをスマッシングしてトライラインが見えるところでミスを犯した。

アデレードに忠実な人として、彼の信じられないほどのエンジンと作業速度のビジョンは数え切れなく見えました。

ハーフタイムの直後、Koroibeteは、フィジー生まれのラグビー改宗者を定義する丈夫な性格に微妙な存在を示すために、急成長している足を披露し、Mark Ricciutoをスタジアムの終わりにしました。

2つの瞬間は、ワラビーがスプリングボックスを相手に3連続勝利を収め、オーストラリアの土地で世界チャンピオンを相手に9年連続無敗行進を続けました。

Wallabiesの監督であるDave Rennieは、彼の驚くべき競争力は偶然ではなく、彼が見た「最も難しいトレーナー」と言い、彼の日本のウィンガーに敬意を表しました。

ワラビーは激しい出発を開始します。 00:31

Rennieは、「彼がサッカー場でやっていることのいくつかは本当にすばらしいです」と言いました。

「私がマリカについて知っていることの1つは、彼がチームメイトだけでなく、国と制服のために自分の体を犠牲にすることです。

「彼は私たち全員が私たちのチームにいるのが好きな選手です。確かに彼は私たちを選びます」

コロイベテは、その瞬間について話すのではなく、単に「しなければならない」「タックル」と言いました。

「私たちはゴミ箱に男を持っていて、私は彼の脇腹を覆い、そのカバーを作るべきです(タックル)」と彼は言いました。

「私たちは今週の努力とお互いのための努力について話しました。 フォワードは自分の仕事をし、ゴミを取り除き、台無しにし、そのようなことをし、私たちがしなければならないことを後からします。

彼は加えて、「私はタックルを止める瞬間にただ走っているだけだった。 私は彼が一歩も踏み出さずにコーナーを狙うことを知っていたので、私はそこに頭を置いて最善を尽くしたかった」と話した。

マリカ・コロイベテがラグビー選手権の試合で勝利した後、サインをしています。 (Cameron Spencer / Getty Imagesの写真)出典:ゲッティイメージズ

優しく言うコロイベテは、その瞬間について話すにはあまりにも謙虚だが、チームメイトのFraser McReightは、タックルを介してWallabiesが後ろに歩いたときに「ポンピング」された感じを与えたと言いながらタックルを要約した。

McRreightは「明らかに素晴らしかった。私たちはフォワードとしてパンプスをしていたし、彼らのモールは私たちに対して本当にうまくやっていたし、数分間大変な時間があったが、Marikaのタックルはグループ内のキャラクターを見せてくれた」と述べた。

「仕事を終わらせなければならず、それが私たちの真言の一つです。 私たちは私たちの仕事をしなければならず、彼は本当にうまくいきました。

「それから私たちは遊んで、私たち自身の一種を救うことができます」。

彼の魅力的なプレイの重要性はラグビーコミュニティから消えなかったが、元ワラビー選手Drew Mitchellは、Koroibeteはラグビー史上最高の左翼選手の一人に選ばれたと述べた。

彼はツイートで「マリカはおそらく両側で私たちのベスト11だろう」とツイートした。

Koroibeteは、養子縁組された国でワラビーで遊ぶ機会を得た後、すべてをスタジアムに残したいと思いました。

「ただ栄光です。 海外にいる間、Giteau Lawでオーストラリアに戻ることができるのは特権であり、私はその機会をつかみました。」

「フィジーで育ってオーストラリアに渡った子供の頃、その国は私と私の家族に多くを与え、私はただそのジェスチャーに答えます。

「オーストラリアでラグビーをするすべての子供たちはジャージを着たいと思います。 フィジーで育ってここに来て、私と私の家族のためにしたことを国に返すのも同じです。 チームメンバーと国家、コーチングスタッフのためのものだ」と話した。

READ  井上と日本のバンタム級チャンピオン

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close