スポーツ

ワールドカップ予選を控えて快適さを感じるSocceroos

763日ぶりにオーストラリア代表チームは木曜日ワールドカップアジア地域予選で組1位のサウジアラビアと競技を行なうことになります。

クロアチア生まれのイタリア出身のディフェンダー・フラン・カラチッチは6月のデビュー以来、サカールで5試合を行ったが、今週初めてオーストラリアを訪問した。

COVID-19 大流行期間中、ほぼ自宅で試合を終えたサウジ代表チームにとっても、これは珍しい旅です。 サウジは日本、中国、ベトナム、オマーンとの今回の予選で4勝を含め8連勝を走っていますが、オーストラリアでサッカルーに勝ったことは一度もありません。

オーストラリア人がホームで開催されるワールドカップ予選の試合で素晴らしい記録を持っていることを考えると、これは驚くべきことではありません。 オーストラリアの監督Graham Arnoldがウエスタンシドニースタジアムで開催されたBチームの試合を控えて自信を持つことができる理由はさらにあります。

Arnoldは、「サウジは良い試合を行っており、自宅で多くの試合を行ったことを知っています」と語った。 「私は私たちの考え方が彼らの顔に直面し、最初から先頭に立つようにし、彼らにプレーする時間を与えないのです。」

オーストラリアの最後のホームゲームは2019年10月にネパールに5-0で勝利した。

Socceroosはそれ以来、オーストラリアの閉鎖された国境とCOVID-19の制限のためにすべての試合を海外で行う必要がありました。 今シドニーが閉鎖され、ファンがスタジアムに入場できるようになると、ホーム観客は彼らを支持します。

アーノルドは「私たちの国でサウジを相手にプレイすることができ、嬉しくて良い試合を期待する」と話した。 しかし「明日の夜勝点3点程度」と話した。

オーストラリアは5日後に中国との試合のために中東に戻る前にシドニーで勝利し、1位のサウジと同じレベルに移動することができます。 サウジは、オーストラリアとベトナムで開かれた2回の連続遠征試合のうち、最初の試合で勝利することで、6点の勝利を目指します。

他のB組競技では活力を取り戻した日本ラインナップがベトナムとのハノイ遠征を控えてオーストラリアをホームから近くに破っており、中国はシャルジャでオマーンとホームアウェイゲームをしている。 日本とオマーンはそれぞれ勝点6点を持っており、2022カタールの自動予選進出券2ヶ所をめぐって、まだ競合を行っています。

イランはレバノン遠征を控えて3勝1室でA組1位を走っており、2位韓国を勝ち点2点車に先んじている。

レバノンの場合、サイダー市立スタジアムでの試合は、2019年にトルクメニスタンを2-1で勝った後、ホームでの最初の試合になります。 彼らはレバノンで行われた試合で14試合連続無敗を記録しています。

韓国は木曜日アラブ首長国連邦(UAE)の本拠地で、イラクとシリアはドーハで対抗し、それぞれラウンド初勝利を狙う。 イラクは3無3敗、シリアは3無3敗を記録中だ。

___

その他のAPサッカー:https://apnews.com/hub/soccerとhttps://twitter.com/AP_Sports

___

その他のAPアジアスポーツ:https://apnews.com/hub/sports-asiaとhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  日本代表チームの飲みレと - FBC News

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close