トップニュース

ワールドカップ:ガーナは日本、チリ、チュニジアでミニトーナメント準備の一環として設定

ガーナは今年末、カタールワールドカップ準備の一環として、日本とチュニジアやチリとの親善試合を発表した。

4カ国とも11月21日から12月18日まで行われるグローバルショップに進出しました。

FAの出版物によると、ガーナで6月10日から14日まで4カ国で構成されるキリンスーパーカップが開催されます。 公式ウェブサイトチュニジアがチリを、チュニジアが6月10日に開催国日本と競合を繰り広げます。

両勝者は6月14日決勝戦で対戦する。 同日、準決勝で敗れた二人の選手が銅メダルをめぐって競うことになる。

ガーナはクリスティアーノ・ロナウドのポルトガル、ルイス・スアレスのウルグアイ、ソン・フンミンの韓国と対決したワールドカップの準備を強化するためにミニトーナメントを活用しようとしています。

日本トーナメントは5月30日から6月14日まで国際ウィンドウでBlack Starsの配分ラウンドを完了することが予想され、2023年アフリカネイションズカップ予選でOtto Addoのチームがマダガスカルと中央アフリカ共和国を相手することも見られるすることができます。

2つのAfcon予選戦は今年初めにAfconで失望した外出を経験したが、ワールドカップ本選進出のための遠征多得点原則に従い、ナイジェリアを破って迅速に逆転したBlack Starsが日本に関心を向ける前に配置されると予想されます。 カップ大会。

「チームを取り巻く精神は今変わり、私たちが持っている引き分けを考えると、私たちのチームは非常に競争力があると信じています。 明らかに、ボールを転がすために私たちがしなければならない設定がありますが、ポルトガル – はい、ウルグアイ – はい、そして韓国はやるでしょう。 言った 今月初めのワールドカップ抽選以降、ブラックスターズで。

「この冒険の準備は、エフコンで始まりました。 私たちは作品を拾い、2つの非常に大きなゲームに参加しました。

「それに加えて、私たちは再編成されると確信しています。私たちはチームがどのように見えるかを非常に確信しています。

ガーナは2018年ロシアワールドカップから脱落した後、ワールドカップに復帰する予定です。

READ  Twitterの24時間での投稿が消える「艦隊」機能日本でも提供 - ITmedia

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close