スポーツ

一ヶ月ぶりに三度目の内閣辞退で打撃を受けた日本の岸田

(ブルームバーグ) – 日本首相岸田文夫(Kishida Fumio)は、月に3回目の閣僚を交換しなければならなかった。

Bloombergで一番読む

寺田みのる総務上が先週末、政治資金不正疑惑で辞任しました。 岸田首相は先週末、大衆に謝罪した後、月曜日の松本武明元外務大臣を寺田大臣の後任として指名しました。

岸田は日曜日、東南アジア首脳会談から帰ってきた後、記者たちに「国会が会期中に大臣が次々に辞任した事実について心から申し訳ない」と話した。 「彼らを任命したことについて真剣に責任を痛感します。」

関連大臣の2人は執権自民党内の自分の派閥出身だ。 習近平中国国家主席との初めての出会いを含め、外交に専念した岸田の週間は、彼の国内問題から注意を払うのにほとんど役に立たなかった。

数十年ぶりに最高潮に達したインフレと韓国に基づく統一教との自民党連携スキャンダルにより、岸田の有権者支持率は昨年就任以来最低水準に落ちた。 そうすれば、彼が党を統制し、国防費増額を含む主要な政策公約を推進することがより困難になる可能性があります。

専門家パネルは、月曜日に日本の国家安全保障を強化する方法に関する提案を政府に提出し、計画は年末までに決定される予定です。 2021年10月に就任した岸田首相はまた、募金慣行について多くの裁判所判決リストを持っている統一教の被害者を助けるための法案を通過させようとしています。

去る7月、安倍晋三首相が銃に当たって亡くなった後、教会は新しい監視を受けた。 総務長は、警察に、母親から過剰な寄付を受け、家族を破産させたと非難し、嘆願する「ムーニー」と呼ばれるグループと安倍首相の関係に憤慨して行動したと述べた。

放送ニュースネットワークANNが月曜日に発表した世論調査で、岸田内閣に対する支持率は30.5%で前月より2.6%ポイント下落し、これまで岸田政権の中で最も低かった。 反対は44.7%で3.8%上昇した。

毎日新聞が日曜日に発表した別の世論調査では、回答者の43%が彼がすぐに退職したいと思っており、31%は2024年9月に自民党総裁の任期が終わるまで首相を維持したいと考えていました。

–広川貴志の助けを借りて。

(最新世論調査と交換名の更新)

Bloomberg Businessweekで一番読んだこと

©2022ブルームバーグLP

READ  日本、WC22予選早期進出

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close