世界

一時地位を持つ移民の最高裁判決

ワシントン(AP) – 全会一致最高裁は人道的理由で、米国に居住する数千人の人々が永住権の申請資格がないと月曜日の判決しました。

エレナケイゴン判事 法廷に書いた 連邦移民法は、不法に入国し、現在一時的保護の身分を保有している人が米国に恒久的にとどまるために「永住権」を取得することを禁止します。

この指定は、戦争や災害に荒廃した国から来た人々に適用されます。 追放から保護し、合法的に働くことができます。 12カ国から来た40万人がTPS状態です。

1990年代の初めから米国に滞在し、エルサルバドル出身の夫婦と関連事件の結果は、不法に入国し、人道的保護を受けた人々が移民法に基づいて、米国に「入国」されたことがあるかどうかを明らかにしました。

Kaganは、彼らがそうではない書いている。 「TPSプログラムは、外国人に非移民ステータスを付与が認められません。 だからTPSの授与は、違法な参加者を永住権を取得する資格がある人で作らないと、彼女は書いている。

下院はすでにTPS受益者の永住者になることができるよう法案を可決した。 この法案は、上院で不確実見通しに直面しています。

この事件は、人道主義的な理由アメリカに来た多くの人々が、米国市民を生み、米国に根を下ろして、長年にわたって米国に住んでいたと主張する移民集団のBiden政権を非難しました。

2001年、米国はサルバドール移民に自国での一連の地震が発生した後でも、アメリカに滞在できるよう、法的保護を提供しています。

他の11カ国の人々も同様に保護されます。 彼らは、ハイチ、ホンジュラス、ミャンマー、ネパール、ニカラグア、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、ベネズエラ、イエメンです。

月曜日の決定は、最初に合法的に米国に入国した後、ビザを超える滞在したTPS移民たちには影響を及ぼさないとKaganは指摘しました。 これらの人々は、合法的に入国し、その後人道的保護を受けたので、永住者になるために努力することができます。

READ  前南アフリカ大統領ジェイコブズマが逮捕

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close