理科

一時退化も火星探査機のセンサーが、最終的に地中にこれから再び来年予定| sorae宇宙のポータルサイト

2020年10月3日に「インサイト」が撮影した地上の様子。 左から延長ケーブルの先、中央付近の地下ショッピングモールが隠れている(Credit:NASA / JPL-Caltech)

2018年11月に火星エリュシオン平原に着陸したNASAの火星探査機「InSight(インサイト)」火星の地下からの熱の量の配信方法を調査するための熱流量計「HP3(※)」が搭載されています。 NASAのジェット推進研究所(JPL)は、10月16日の前進苦労した「the mole(モール、モルの意)」と呼ばれるHP3地中センサー全体がついに地下に潜入したのと地下に向かって前進再開は2021年の展望であることを明らかにしました。

※… 熱の流れと物性パッケージの略

■もし退化で1年、ついにセンサー全体が地中に

長さ40cmの細長い円筒形をしているショッピングモール内蔵されたハンマーの打撃によって少しずつ地中にギア入る構造が採用されています。モール潜っていくために穴の壁面との間にある程度の摩擦が必要であり、摩擦がなければ、打撃を加えるたびに、モールは、その場で跳ね返ってしまい、穴を掘り進めることができません。

JPLによると、運転穴を掘り進めるに欠かせない摩擦は穴の隙間を緩やか土が埋めていくことで得られることが期待されていたそうです。 ところが、洞察着陸地点の地下にあった土は、過去のミッションで見られるものとは性質が異なり、土が互いにくっつきやすく隙間が思うように埋まらずショッピングモールの周辺には、隙間が空いた穴がされてしまいました。 ショッピングモールを打ち込む作業は2019年2月に開始したが、同年10月までに到達することができる深さは約35cmになります。

インサイトの運用チームは、ロボットアームに装着されたスコップを使用してショッピングモールの隣で穴にタイトな摩擦を得る戦略をしようとしたが、打撃ごとに穴の底が少しずつ埋め立てされていくことで、まるで地面から押し出されるように運転する地上に逆戻りしてしまう事態が発生しています。その後、2020年3月からモールテールをシャベルで押さえながら慎重に没頭していく作業が行われていました。

2019年10月に穴から後退したモール(円筒形装置) 側面の様子で地中にどこまで埋もれていたかを知ることができる(Credit:NASA / JPL-Caltech)

後ろから押す試みが功を奏し、最終的に全体が火星の地下に潜入したショッピングモールであるが、熱流量を測定するためには、最小地下3mに到達する必要があります。 JPLによると、運転穴を掘り進める必要摩擦をしっかり得るために、ロボットアームのスコップを使用してショッピングモールの上に土を掘って固める作業が進行されているようです。

この作業は、数ヶ月に渡って実施される予定であり、前進再開は2021年初期となる見込みです。 JPLのTroy Hudson氏は「突発状況を克服し、これまで以上の深さに到達することができたのは非常に嬉しいのですが、これで終わりではありません」とコメントしています。

火星探査機のサイトを描いた想像図である。 前の床に置かれているデバイスの左が地震計」SEIS “、右が熱流量計「HP3」(Credit:NASA / JPL-Caltech)

関連:火星探査機のサイト地中センサー、押されてたりもしましたが、地下に向かって前進再開

画像クレジット:NASA / JPL-Caltech
出典: NASA / JPL
文/松村武宏

READ  スペースX野口さんを乗せてISS到着賭けに勝ったNASA | ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close