Economy

一般的なQRコードを開始。 メルペイ加盟店でd支払いが可能 – Impress Watch

メルーペこのd支払いが共通QRコードの利用を開始

メルペイコード決済サービス「メルペイ」とNTTドコモのコード決済サービス「d支払い」は、一般的なQRコードを活用したQRコードですべて決済が行なえるサービスを9月初旬から開始した。 また、一般的なQRコードの利用開始に合わせて店で安心・安全な現金なしに利用 “新しいキャッシュレスフォーム」を啓発ポスターを制作、メルページホームページ内で配布を開始した。

メルーペこれNTTドコモは、2020年2月に業務提携ポイントサービスとコード決済サービスの共通化、共同で加盟店の営業推進を行なうと表明。 その後、6月15日からメルカリからd点の提携を開始し、9月からは一般的なQRコードの利用を開始しました

今回共通化されたのは、利用者がQRコードを読み取る方式(MPM方式)のQRコードである。 一般的なQRコードの利用は、9月1日から開始して、メトキシルペイ加盟店での手続きは不要d支払いを利用できるようになった。

加盟店は、9月中旬頃まで双方の受け入れマークが表示された店提示用QRコードポップなどの共通ツールキットを受けることになる。 ただし、一般的なQRコードは、各加盟店に新たに発行されるものではなく、既存のメルペイQRコードのようなものとなっている。 したがって、共通のツールキット送付前にメルペイ加盟店でメルペイのQRコードを利用して、d決済が可能となる。

今回の一般的なQRコードの利用はメルーペこのd支払い包括加盟店になることで実現しているというもので、加盟店での販売の金の入金はd決済分を含むメルペイで開かれる。

決済手数料は両方2.6%でメロールペーパーこれは2021年6月30日までd支払いは2021年3月31日まで決済手数料をほぼ無料とするキャンペーンを実施する。

メルペイAlliance Engagementの井本陽子さんは、一般的なQRコードの利用開始して加盟店は、一つのQRコードを提示するだけでメルーペこのd支払い双方のコード決済を利用できるようになり、利便性が向上。 店舗側のキャッシュレス決済導入の負担軽減と新規顧客の獲得などの効果を期待することができる。 また、利用者にも利用可能店舗が増加することにより、現金なしに利用機会が拡大され、利便性が向上すると指摘した。 そして、今回のQRコード共通化して、両社の顧客基盤をもとに、より良いサービスを提供できるようになることで大きなメリットが生じると説明した。

応じて「新しいキャッシュレスフォーム」を啓発ポスターの提供内容は、昨今のコロナ渦も、顧客が安心して店を利用することができようにという思いから作られたている。 加盟店は、メルページホームページから無料でダウンロードして利用することができる。

一般的なQRコード利用開始について説明するメルペイAlliance Engagementの井本陽子さん

メルーペ、この作成した「新しいキャッシュレスフォーム」を啓発ポスターメルページホームページからダウンロードして加盟店が自由に利用できる

ポスターは2種類用意している

したd支払いはNTTドコモだけでMPM方式の加盟店開拓をしていないので、d支払いの観点から見ると、今回の一般的なQRコードの利用メルペイ加盟店でd支払いが可能になる。 NTTドコモのプラットフォーム事業推進部の支払いビジネスペイメント事業担当注射の杜雅俊氏によると、NTTドコモによるd支払ったMPM方式で加盟店開拓は、これまで、デジタルガレージが提供するマルチQRコード決済ソリューション「クラウドページ “や総務省経済産業省と連携して普及事業を展開している統一QR」JPQR」の利用を提案していたが、今後は、今回の開始されたメルペイに共通QRコードの利用を強く推進しようとする。

また、店舗が利用者のコードを読み取る方式(CPM方式)は、現在の共通化については何も決まったことはないということで、今後の加盟店とユーザーの両方にメリットがある場合共通化を検討したいとした。

READ  阿部辞任、アベノミクスの2つの大罪| 小幡実績| コラム

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close