経済

一般的に、お金の話をするのが安全ですが、ミャンマーの軍部が聞いていますか?

日本のフリーランスの記者であるYuki Kitazumiは、ミャンマーで「偽ニュース “をまき散らし疑いで5月3日起訴された。 その他ズ押す去る2月、軍部がクーデターを起こした後、ミャンマー襲った反政府デモを取材していた共同通信によると、この取材は、「軍事批判的だと考えられていた」と伝えた。

逮捕のために菅義偉首相政府は政権とその行動について強く反発するように圧力ウルガました。 日本はクーデターを非難し、ミャンマーの新しい援助を停止しましたが、正式に政権を非難したり、他の国のような制裁を実施していません。 代わりに、日本は政権との “チャンネル”を使用して、まだ具体的ではないことをするだろうと述べたが、少なくとも一つの側面では、この特別な関係は成果を収めたと思われる。 木曜日に他ズ米釈放されると報じられた。

先月国会審議で茂木豊島みつ外相が危機に対処する計画が説明するように、圧力を受けたとき、 寓話でことわざを引用 誰かがしたいことをするように強制すると、彼らがしたいことをしなければならない理由を与えることよりも重要である。 これは政権の立場をめぐる混乱を増加させるように見えた。

主要メディアは軍部が昨年11月の総選挙の結果がアウンを圧倒的に支持したと主張した後、政府が一般の経済的影響力を使用して権力を解任された民間人で構成され、新しい国民団結政府との交渉を推進するものと考えています。 San Suu KyiのNational League for Democracyは自由工程である第3者のオブザーバーの結論にもかかわらず、詐欺でした。

4月27日に登場したオンラインプレジデントの長編東京外国語大学の篠田英明教授はこのような経済関係が日本の外交にどのような影響を与える可能性があることを説明しました。 メディアは、日本が伝統的に中国を除く他のどの国よりも多くの開発援助をミャンマー提供したため、ミャンマーの軍事指導者をどの程度の影響力を行使しているという日本の主張を信頼します。 日本はミャンマー円融資の形で年間1,000億円以上をポンピングしており、これは、ミャンマーに投資していることを意味します。 日本は、他の東南アジア諸国と同じことをしており、すべてのそれに応じて経済を発展させました。 ミャンマーは開発の「最後のフロンティア」であり、したがって、日本企業が影響力を行使することができる最後の場所です。 篠田は、日本の公式開発援助(ODA)を官僚と企業の協調動員である「護送スタイル」で特徴をやった。 ローンは、開発プロジェクトが日本企業を使用することを条件として提供されます。

このような状況は、ODAで一般的です。 ミャンマーの場合の援助はおおむね未完成のインフラプロジェクトに使われて経済を制御する将軍が返済できない場合、または返せない場合は、現金をより多く投入してください。 2013年、日本はミャンマーが借りている4,000億円の半分をキャンセルしただけでなく、他の半分を返済できるように2,000億円を追加で貸した。 篠田が知る限り、どの国でもそのようなことをしたことがありません。 結局、日本企業はお金を受けるが、お金を出すのは日本人です。

政府は、この支援にミャンマーを民主主義の道に導くために重要な役割を果たした明らかにし、残りの世界は民主主義に気を使わない権威主義国家を除いては、民主変化が施行された後でも、一般的に信頼していません。 2011年に憲法的に意思決定の役割が保証されます。 経済圧力という考えが政権をあなたの意志で曲がるのであれば、日本はそのODAなし軍隊が生き残ることができないという信念にレバレッジを持っている必要が篠田は、日本政府が試してみて、強制的意志がないと思いますしたくないことをするようにすることです。 茂木のことわざです。

日本のビジネス利害関係はミャンマーで公平に確立されています。 だから篠田が指摘したように、日本、ミャンマーコミュニティの一部は、日本、ミャンマー協会(JMA)の本部前でデモをしており、一部は将軍と強力な関係を構築したビジネスマンで構成されています。 ミャンマーに深く関与しているNippon Foundationの財団会長である笹川陽平が11月の選挙を監視した日本の団体を導き団体は、プロセスであると結論した。 しかしクーデター以降笹川は沈黙を守った。 日本に住んでいる、ミャンマー出身の人々は、実際に両国関係を監督することが外務省というよりは、これらの組織であることを知っています。

篠田自身はエッセイで治療を提供していません。 彼は単に何が作用していることを説明します。 4月30日、日本の元国連特別代表4人が日本外信記者会で記者会見を開き、「利害関係者の一人で政権と交渉するためにASEANと協力することを正式に外交部に要請した。 、 “したがって、彼らは将軍が合法性の主張を持っていると思います。 前代表大島賢三は 政権が追放されると、ミャンマーは反乱軍に圧倒されて崩壊するだろうと言いました。。 JMAの最高管理人与党議員Akira Amariも、衛星放送BS11で、ミャンマーとの議論で政権が独自の条件に参加しなければならないと主張した。

これらの用語は、危機の核心です。 軍部は、常に、ミャンマー市民を国家の潜在的な敵にしました。 それがインターネットのニュース番組の要点でした。 Videonews.com BS11の議論に参加した別の参加者であるSophia UniversityのKei Nemoto教授はjuntaが、現在、国民から受ける反発レベルを決して期待しなかった、その戦略が消耗戦になったと言いました。 彼らは人々の信頼と支持を得ることにあまり関心がありません。 彼ら気は堤だけです。

訪問 www.philipbrasor.com Media Mix貢献に関する追加情報。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  中国の製薬会社、収益性の良い米国抗がん市場を目指し

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close