理科

一連の大臣の変更により、日本首相が内閣改編を促すことができます。

岸田文雄日本首相側近が政治資金関連の疑惑で長官職から解任され、一ヶ月も経って内閣を去る三番目の議員となり、すでに壊れた日本政府に大きな打撃を与えた。

権力基盤が弱まり、支持率が低迷した岸田が今年末までに2021年10月に就任以来、2度目の開脚を断行して国民の支持を受けるという観測が大きくなっている。

一部の専門家はまた、岸田が野党に対する大衆の支持が高まらなかったため、デッドロックを打開する必死の試みで選挙のために下院を解散することもできると述べた。 しかし、彼の政治的賭博は実を結ぶようには思えない。

去る10月、自民党内で岸田が率いる派閥に所属した寺田美琴当時、内務上が政治資金を不当に運用したという事実が暴露され、週刊誌の見出しを飾り始めた。

寺田みのる日本総務上が2022年11月20日、東京首相官邸で岸田文夫首相に辞職書を提出した後、記者たちと対話している。 (刑務所通信)

Shukan Bunshun誌が発表した一連の報道は、寺田が選挙および政治資金に関する法律を監督するのに不適切であると報告し、野党から辞任を促した。

この雑誌は、寺田が2021年10月、自身の選挙運動を支持した広島県区の地方議会議員6人に褒賞金で約4万円(285ドル)を支給したと報じました。 これらの支払いは公職選挙法によって禁止されています。

岸田自民党代表も日本西部地域区を代表する。

去る日曜日、寺田長官解任に先立ち、他の長官2人が辞任し、閣僚相続は辞任ドミノ効果が懸念される。

山城と大代は1954年、韓国の頑固な反共主義者が立てた統一教との緊密な関係を理由に10月末、経済復興大臣から退いた。

岸田の党内グループの一員でもある花市康弘法務上は、死刑囚処刑を承認した役割を軽視するなど、自身のミスに対する反発が去ると今月初めに法務上職を辞任した。

2022年10月24日、山城と大志で日本経済部長官(中)が統一教との関係をめぐって岸田文夫首相に謝意を表明した後、記者会見をしている。 (刑務所)

ハナシ・ヤスヒロ日本法務上(中央)が2022年11月11日、東京首相官邸で岸田文夫首相に辞職書を提出した後、記者たちと対話している。 (刑務所通信)

日曜日の岸田首相は、政府の主な政策目標を「優先順位に置いて」履行したいのでテラダを解雇したと話しました。

現在進行中の臨時国会で、岸田は統一教会や他の団体によって財政的に困難に苦しんでいる人々のための物価の上昇と救済法の悪影響を緩和するための経済パッケージ資金を調達するために追加予算を制定しようとしました。

しかし、野党は4番目の目標である別の政治資金スキャンダルで指摘されたケニア・アキバ再建大臣に焦点を当てる予定で、岸田に12月10日まで議会審議を進めるべき難しい任務を任せます。

下院のある自民党の上級議員は、相次ぐ長官辞退と解任が岸田行政に対する国民の支持率をさらに下げ、議会審議に悪影響を及ぼすと述べた。

近年、岸田内閣の支持率は、主に一部の自民党議員と統一教会との関係により、「リスクレベル」として広く知られている30%に近づいています。

白鳥広志保成大学政治学教授は、人気のない首相の下で4月、地方議会選挙で勝利できないと自民党議員の一部が考え始めると岸田を追い出そうとする動きが起こり得ると述べた。

8月初め、岸田首相は国民の支持を覆し、統一教と疑わしい関係を持つ牧師たちを排除するために急閣改編に突入した。 当初の人事移動は9月に予定された。

内閣改編後4ヶ月も経っておらず、岸田首相は政府に活力を吹き込むためにさらなる変化を強要されました。

岸田文夫総理が2022年11月21日、東京で開かれた衆議院本会議で寺田みのる総務上辞任に関する質問に答えている。 (刑務所)

11月中旬、野党である国民民主党の玉木雄一郎代表は、あるテレビ番組で岸田が「突破口を成し遂げるために」内閣を改編したり、衆議院を解散するほか、「選択の余地がない」と話した。

岸田長官は10日、閣僚の不正に選ばれた国際会議に出席する東南アジアの巡方を締めくくるバンコク記者会見で「適切な時期に開脚を決定する」と述べた。

しかし、岸田内閣の人気を引き上げるのに寄与する新人が少ないという点を勘案するとき、急いな開脚が岸田に力を与えることは未知数だ。

岸田首相は、内閣を離れた3人を交代する際、国会の質疑応答能力を考慮し、長官経験のある議員を任命した。

自民党内部調査で自民党議員の半分ほどが疑わしい宗教団体と関連があることが明らかになったため、岸田は統一教とは関係のない適切な牧師候補者を見つけるのにも困難を経験するでしょう。

智明岩井日本大学政治学名誉教授は、別の改閣が自民党議員間の葛藤を深化させ、与党内部に混乱を加重させると述べた。

7月10日、参議院選挙で自民党の大勝は岸田に衆議院を解散しない限り総選挙がない「黄金3年」に対する確固たる政府を提供したものと見られます。

それにもかかわらず、岸田は野党が選挙を準備する前に下院を解散しなければ権力を維持できない困難に直面していると政治専門家らは言いました。

法政大学の白鳥は、自民党が勝利を収めれば、岸田という与党が率いる政府が公信力を得たと宣言することが確実だと述べた。

一方、この教授は、有権者たちが、衆議院選挙が「岸田政権の寿命延長」のためであると信じるならば、彼の権力回復の試みは失敗で終わるだろうと述べた。


関連プレス:

日首相、圧力の中でスキャンダルヒット内務大臣解任

焦点:日本首相、被害縮小のため大臣を解雇したが、指導部は疑問

フォーカス:統一教長官辞任にも首相は生き残ることができる


READ  Covid-19 Live:テストニュースとOmicronの最新情報

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close