一部の再保険会社は退去し、他の一部の再保険会社は1/4で日本の上海事業に対してより肯定的でした:Gallagher Re

Estimated read time 1 min read

Gallagher Reによると、4月1日の日本の上海再保険の更新の結果は、概して安定的または好意的でした。 Gallagher Reによると、一部の売り手は、他の売り手がより肯定的なアプローチを採用するにつれて、特定の行から撤退しました。

Gallagher Reの最新レポートでは、再保険ブローカーは、一般的な第三者の責任に関する4月の更新中に、焦点が米国に関連するリスク管理に合わせていることを強調しました。

Gallagher Reによると、「一部の再保険会社は、リスクの好みの変化や米国への暴露への懸念のために生産能力を縮小した」と述べた。

しかし、他の再保険会社は、ポートフォリオを調整し、慎重に保証範囲を拡大するために、より楽観的だった。

この部門の価格は、関連するリスクの種類、対応するリスク評価方法の変化、会社が望む保証の範囲によって大きく異なりました。

ここに広告してください

日本の第三者責任部門のレート変動に関して、報告書は、損失のない超過損失コミットメントの場合、2023年4月1日の更新に比べて価格が10%から30%増加したことを示しています。

一方、損失が発生した企業の場合、料金が20~30%引き上げられた。

日本の個人事故セクターでは、Gallagher Reは、保護バイヤーが感染症について異なる見解を持っており、一部は支出された保険料を減らすための手段として保証を中止し、他の一部は展開を完全に完了できると報告しました。

その結果、一部の再保険プログラムはかなりの変化を経験し、その結果、感染症の保証範囲が変わり、一部は合理的な価格で提供されました。

これらの変更にもかかわらず、既存の会社と新しい会社の両方が、少なくとも以前と同じくらいより多くの保証を提供することを意図したかなりの再保険能力がありました。

レート変動の観点から、再保険ブローカーは、損失のない超過損失コミットメントの場合、価格が10%下落してそのまま維持されたことを確認しました。

サイバー部門では、日本国内のポートフォリオが1/4で良い成果を続けています。 多くのバイヤーが中期戦略でクォータの持分譲渡を減らすことについて議論した。

再保険会社は、日本の着実な成長、安定した価格、他の国に比べて厳しい保証のおかげで、まだ日本を強力な多角化手段として見ています。

Gallagher Reは、「ほとんどの国内保険会社が今後1年間、元の政策による新たな戦争除外の実施に専念している」と述べ、国内政策で戦争排除を実施することが焦点でした。

しかし、特定の事件保証に関する議論にもかかわらず、再保険条件はほとんど変更されていません。

印刷に優しい、PDF、電子メール
READ  日本、安い円の中で海外観光客へようこそ
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours