一部の日本WBC選手が長距離飛行後、マイアミで運動をしている。

Estimated read time 1 min read

ワールドベースボールクラシック(WBC)日本代表チームは準決勝のためにフロリダ州マイアミに到着し、一部の選手は13時間の飛行による時差にもかかわらず遅滞なく運動を始めました。

日本チームは木曜日8強戦でイタリアを破ってチャーター機で東京を去った。 金曜日の午前4時30分、マイアミのホテルに到着したほとんどの選手は部屋で休憩して一日を過ごしました。

しかし5人の選手は例外だった。 午前11時30分までに、彼らは地元の大学の敷地の周りでキャッチボールとジョギングする準備が整いました。

彼らの中には佐々木ロッキー投手がありました。
一時間のトレーニングの後、佐々木氏はマイアミの天気が暖かく快適であると考えていると述べた。 彼はチームのためにできる最善は最善を尽くすことなので、最高のコンディションを維持しようと努力すると言いました。

最近ボストン・レッドソックスに入団した外野手吉田正隆は、飛行機でぐっすり寝て、ホテルで4時間さらに昼寝をしたと話した。 彼は日本が負けない2試合をさらに準備していると話した。

月曜日の準決勝で、サムライジャパンはメキシコと対決します。 日本は2006年と2009年に続き3番目のワールドベースボールクラシック(WBC)優勝を狙う。

READ  Sporting KC週間スケジュール:2023年10月16~22日
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours