トップニュース

七指導者のグループ、今年の夏、日本の五輪開催をサポート

グループ7(G7)会議で加盟国は今年の夏のオリンピック開催のための日本の計画を続け支持した。 G7は、カナダ、フランス、イタリア、日本、英国、米国などのグローバルな問題を議論するために、毎年集まるグローバル大国の7つの政府機関のグループです。

この会議は、世界的流行に重点を置いたが、全世界の選手たちに肯定的なニュースを持ってきました。 首脳は会議後、G7の共同声明で、「コロナ19を克服するためのグローバル団結の象徴として、今年の夏、東京2020オリンピックとパラリンピックを安全かつ確実に保持するという、日本の意志を支持する。 “

会議が終わった後、日本の首相は菅義偉日本の首相が今年の夏のオリンピック開催の目標のためにG7のサポートについて記者団に語った。 シュガーは「人間がコロナウイルスとの戦いで勝利するという証言でオリンピックが起きることを希望した」と述べた。 シュガーはまた、G7諸国の他の指導者の支援を「奨励」と述べた。

国際オリンピック委員会(IOC)の対応でトーマス・バッハIOC会長は次のように言いました。

「今年の夏に開催される2020東京オリンピックとパラリンピックのためのG7リーダーのサポートメッセージを歓迎します。 IOCから私たちは自信を持って激励の強力な信号のために非常に感謝します。 これは、私たちが日本政府と東京2020組織委員会と一緒にすべての参加者のために安全な方法で、オリンピックとパラリンピックを組織しようとする私たちの努力をさらに強化します。」

世界の各国首脳会談でオリンピックが現在の計画通りに進むよう、継続的な努力を支援すると約束したのは今回が初めてではありません。 2020年11月には、26カ国の指導者、欧州連合と世界保健機関(WHO)が参加したG20首脳会議でのオリンピック開催のための日本の継続的な努力を支持する宣言が発表されました。

G7のオリンピックのサポートは、肯定的な信号であるがG7サミットに参加したすべての国の指導者たちも楽観的ではなかった。 先週ジョー・バイデン米大統領は、オリンピックに関するすべての決定は、「科学に基づい “しなければならないと言いました。

米国では1600万人以上の市民が予防接種を受けたが、日本では全国的に予防接種をはるかに遅くしました。 医師や看護師のように、優先度の高いワクチンの受益者は、今週にワクチン接種を開始しました。 この国は、7000人が死亡した420,000人を超えるウイルス感染事例を保有しています。

READ  Japan」s Kohei Uchimura books ticket to 4th Olympics

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close