経済

三井、炭素排出権の創出のためオーストラリア企業に投資

TOKYO – Mitsui&Co.は、カーボン農業サービスを提供する地元企業に投資し、オーストラリアで森林関連事業を拡大しています。

半世紀以上にわたり、日本での森林管理と肥料の販売を通じて得られた知識を使用して、日本の大手貿易会社は、オーストラリアで木を栽培して脱炭素化事業を加速することを願っています。

2月にシドニーの投資会社で、Mitsuiカーボンソリューション事務所のKensuke Sudaは、CO2排出権を生成および販売するオーストラリアのコンサルティング会社であるClimate Friendlyの経営陣に、Mitsuiが特別な農業単位を持っており、土地の改善に貢献できると述べた。強調しました。 肥料の最適化。

交渉により、Mitsuiは6月にClimate Friendlyの株式33.7%を買収することに合意しました。

Climate Friendlyは、牛のための牧草地の選択などの土地管理について農家に助言し、農家に代わってCO2排出権を生成して販売するために森林を復元します。 その代価として手数料とクレジットの一部を受け取ります。

Sudaは、130人の農家のために合計1000万ヘクタールの農地を管理しているClimate Friendlyは、この事業で「世界最大の運営者」と述べました。

三井は日本で4番目に大きい民間森林所有者です。 オーストラリアでは、25年以上の紙やパルプ会社、建築材料メーカーなどのための森林事業に参加してきました。 また、植林による土地の改善、肥料の利用、炭素排出量の測定などの分野での経験を活かし、脱炭素化事業を推進しています。

投資とともに、三井は一次森林を復活させるクリマトフレンドリーの事業を支援します。 両社は、2022年から2025年の間に7000万トン以上の炭素排出権を作成する予定です。 これは2021年にオーストラリアで作られたものの4倍です。

オーストラリアの炭素排出権単位(Australian Carbon Credit Units)システムでは、企業自体が行っていない方法で達成した炭素排出削減も排出権として扱われます。 これらの減少は大きく2つのカテゴリに分けられます。 森林の自然再生と山火事の予防。 工場やその他の施設のエネルギー効率の向上

三井は最初のカテゴリを目指しています。 これは、オーストラリアの2番目のカテゴリより約10%高い価格で取引されるためです。

オーストラリアでは、1トンのクレジットが約60オーストラリアドル($42.14)で取引され、ヨーロッパではAU$100に相当します。 Sudaは、「オーストラリアで取引価格が上昇する余地が残っている」と述べた。

また、2016年にMitsuiが初めて投資した世界2位の森林資産管理会社であるNew Forestsの株式を追加購入することにしました。

森林炭素排出権基金への共同投資により、三井は木材を販売しながら排出権を獲得します。

オーストラリア政府は、脱炭素化の加速を目指す継続的な努力の一環として、民間企業から炭素排出権を購入するために45億5千万オーストラリアドルの資金を調達しました。

READ  世界市場:今後1週間の5つの世界市場テーマ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close