トップニュース

三井火が東京ドームにTOB実施で最終調整1000億円規模 – 関係者 – Bloomberg

三井不動産は26日までに、東京ドームの株式公開買い付け(TOB)を実施する方向で最終調整に入った。 理事会の同意を前提としたフレンドリーな引数になる。 内部も発表する。 東京ドームを囲む最大株主のヘッジファンドが長岡勉社長の解任を要求するなど、対立が先鋭化していた。

複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。 三井雨は単独の引数ではなく、他の出資者との共同買収する可能性もある。 東京ドームの時価総額は約860億円で、プレミアム(加算幅)を加味すると、1000億円規模の買収となる見込みである。

フォトグラファー:Toru Hanai / Bloomberg

三井不の電話や電子メールで連絡を試みたが、回答を得ることができない。 東京ドームは営業時間外に連絡を取ることができていない。

社長解任を要求している香港のヘッジファンド、オアシス管理東京ドームの10月に長岡社長など取締役3人の解任を案件とする臨時株主総会の開催を要求する書簡を送付対立が表面化した。 ブルームバーグのデータによると、オアシスは、会社の株式の9.61%を保有している筆頭株主。

東京ドームがオアシスに対応策を模索する中で、三井火が親切引受(ホワイトナイト)に立候補した様子である。

東京ドーム側10月19日の発表資料で、「オアシスと建設的な対話を拒否してきた認識はない」と説明した。オアシス創設者兼最高投資責任者(CIO)のセス・フィッシャー氏は、同じ22日インタビューで「私たちは、一緒に会社をよくしたいと思い、様々な提案をしているが、現経営陣が提示した改善案は、小規模の時間がかかりすぎる」と批判した。

東京ドームの臨時株主総会は、12月17日に都内で開催される予定である。

READ  台風12号は24日(木)に関東、東海のアクセス温帯低気圧に変わった後でも、境界 - ウェザーニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close