三井&有限公司、従業員全員に副業を許可

1 min read
読売新聞ファイル写真
三井&株式会社のロゴ

三井物産は今年、全職員が本業のほか、YouTubeや小説家など多様な副業を務める新しい人事制度を導入した。

従業員の活動範囲を拡大し、優秀な人材を誘致し、これらが社外で積み重ねた知識と人脈を今後本業に活用できるよう奨励しています。

大企業の上司が全職員に多様な副業を許可したのは今回が初めてだ。 これまで会社は副業を原則的に禁止したがやむを得ない場合、保守限度を定めるなど例外的に許容している。

同社は今月の採用に関する内部指針を改正し、職員のキャリア開発に役立て、報酬を主目的としないという条件で多様な副業を許可した。

新しいシステムは、主に日本で働く約3,800人の従業員と契約従業員に適用されます。

新しいシステムは、コンサルティング、大学講義、スタートアップ支援、非営利組織管理などの専門知識を必要とする副業に加えて、個人が自分の才能を使用して画家や他の活動として働くことを想像しています。 新事業進出と経営構造改編に専門性を備えた貿易会社職員が副業を始めるなど、他産業に人材を供給する効果も期待される。

READ  アメリカ、オーストラリア、日本、中国に台湾周辺で軍事訓練中断を促す
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours