経済

三木谷さん」、いつでもキャリアを乗り換えている時代」、楽天モバイルが転入・転出0円などの「ZERO宣言」を発表 – 携帯電話Watch

楽天モバイルは4日、報道のための発表会を開催。 MNPなどの書類手数料0円などが含まれている「ZERO宣言」を発表した。

発表の場には、楽天モバイル代表取締役会長兼CEOの三木谷浩史氏が登壇。 楽天モバイルのこれまでの歩みを説明した。

楽天モバイル三木谷さん

同社は、2020年4月MNOに携帯電話事業に進出した。 高額で複雑で理解しにくいという現在の携帯電話プランの「Rakuten UN-LIMIT “の1プランのみの通話も通信も無制限に2980円という価格を武器にする楽天の携帯電話。 9月からは5Gもおまけで料金は凍結の「Rakuten UN-LIMIT V」に訂正。 会社の料金について、「他社よりも71%安い」と説明した。

「ZERO宣言」

三木谷さんはこれまでにも「携帯電話業界の常識を覆してきた」と自負。 再び「楽天モバイルだからこそ可能な「新しい常識」に挑戦する」と述べた。

会社が展開する「ZERO宣言」では、これまでの利用料金が無料であるに加えて、事務手数料、MNP転出手数料を無料とする。 また、SIMカードの交換や再発行の手数料は、MNP転出手数料や契約解除料についても同様に無料である。

三木谷さんはZERO宣言を実行することができる理由は、この会社の特徴でもある、完全仮想化ネットワークを介してコストを大幅に削減することができるからだと説明した。 これは、運用コストを最小限に抑え、ユーザーに還元することができるとする。

基地局の建設は5年前倒し

楽天モバイル代表取締役副社長兼CTOの他トレックアミン氏は、基地局の建設計画の進捗が示された。

楽天モバイル他トレックさん

この会社は2021年3月までの人口カバー率80%以上を目標にすると説明した。 他トレック氏は「室内外の人、建物の深さにある人すべてをカバーしていてはいけない。基地局の建設計画を加速させることは重要である」との計画は、5年前倒しとした。

また、基地局あたりのカバレッジについて、30〜40%の増加を実現しているという。

他トレック氏は、会社のネットワークに専用のハードウェアを使用せずに、汎用ハードウェアとアプリケーションのコンテナ化を推進することにより、低コストの弾性と拡張性の確保を実現していると説明した。

また、OpenRAN(O-RAN)利用世界初の大規模な商用ネットワークであることを強調し。 「O-RANが成功のために不可欠の日本では、我々は、世界初のOpenRAN配布することができた」と語った。

クエリは

楽天モバイルローミングを提供するKDDIは、いくつかの地域に移動を終了すると発表した。 インターネットでローミング終了と同時に電波状況が悪くなったという意見もあったが、楽天モバイル代表取締役社長の山田善久氏は、このような事例はごく一部だとし、「迷惑をお掛けユーザーの皆さんに申し訳ない。早急な基地局の建設、個々のMVNO端末を配付などに対応する」と述べた。

東京や大阪の地下街と鉄道沿線では、まだローミング地域が多い。 トンネルなどの各事業者が共同で整備する場所は比較的早く、その回線に切り替えることが展望する。 都内の地下鉄に関して言えば、自分の回線に切り替えることがおおいする。

一方、個々の建物は、自社でサービスする。 テナントとの交渉次第である部分もありますので、もう少し時間がかかるとする山田氏は「整備は急速に進行している。今後数年以内には、室内も自社回線に切り替え」告げた。

また、高い周波数帯域を利用する5G帯は、基地局の整備に費用がかかる。 KDDIとソフトバンクは、共同基地局の建設を推進面もあるが、他トレック氏によると、現在はそのような共同の整備は検討していないという。 既存の4G基地局を5G専用することも含めて整備していくと思ったが、一方で、山田さんは「5Gは、基地局も増える。業者と協力する可能性もある」と、複数の計画があることを示唆した。

READ  iMacの系譜招待iMacの誕生〜iMac Proを画像に戻り - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close