三武に負けた後、高慶将の昇格が危機に瀕している

1 min read

孤独 大関 タカケイショは金曜日の春のグランド相撲トーナメントで一般相手の三菱に敗れ、3-3に沈み、2連覇と昇格の入札を危うくした。 横綱

ゴム防御 大栄昭5号 マガシラ 一方、藤藤と7位の高安はエディオンアリーナ大阪で開かれた6日目無敗行進を続け、共同先頭に上がった。

元・県大関の対決で高케이翔は強力なオープニングヒットの勢いを生かすことができず、結局3位メガシラミタケミ(3-3)に押された。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  チェコサッカーフーリガンが日本を通じてUFCチャンピオンになった方法 - スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours