世界

三浦瑠麗さんトランプ完敗しなければグジャグジャ – 社会:日刊スポーツ

米国の大統領選挙でトランプ大統領の再選を示唆した国際政治学者の三浦瑠麗さん(撮影小沢有)

米国大統領選挙は3日、投開票を迎える。 米国の平均支持率で民主党候補のバイデン前副大統領(77)の7.2%ポイント差でリードを許可トランプ大統領(74)は、選挙結果を左右する従事州で猛追。 「奇跡」を起こした16年の大統領選の再現を狙う。 前回トランプの当選を的中させた国際政治学者の三浦瑠麗さん(40)は、今回の「トランプが完敗していない限り、グジャグジャ」と見ている。

◇◇◇

トランプラストサンデー1日、カナダの国境に近いミシガン州で、南フロリダに飛んだ。 米国では、7.2%ポイント差であっても、勝敗をナヌヌンヌンフロリダ、ペンシルベニア州、ミシガン州、ノースカロライナ州、アリゾナ州、ウィスコンシンの従事6週間(選挙人団の合計101人)。 10月中旬5点の差は、1日3・3ポイント差に絞られた。

クリントンの圧倒的優位が伝えられた16年」トランプの可能性は捨てることができない。開けてびっくり可能性はある」と続け、結果的に的中させた三浦さんは、今回の「バイデン氏が以前クリントンより有利なのは間違いない。トランプは従事州を1つも落とすことができない戦いだが、簡単になるとは思えない」と見ている。

米国大統領選挙は過半数(270人)の選挙人団の確保が保証されれば、敗者は敗北宣言勝者を称えるのが慣例である。 しかし、今回は「完敗する敗北宣言するしかないが完敗しなければなら訴訟に持ち込む郵便投票の問題もあり、グジャグジャされる」というのが、三浦さんの比喩である。」大阪都構想」の住民投票は「反対多数確認」速報が流れるは、その段階で賛成票を上回ったにもかかわらず敗北会見が開かれた。 「投票行動は、合法的に行われ、適正な手続きに終了したと考えている日本とは異なり、米国は負け方が不正選挙と社会になっている」(三浦氏)。

アメリカのニュースサイト「アクシーオス」はトランプ投開票日の3日従事州でリードすると開票が十分進んでいない段階でも、勝利宣言すると、側近に伝え選挙後に到着した投票の集計は、間違ったものである訴訟を準備している報道した。 トランプは報道を否定したが、選挙後の集計が続くのは「恐ろしいこと」と答えた。

新型コロナ感染を懸念、今回の大統領選挙では、9300万人が事前投票を終えて家5900万人は、郵便投票と推定されている。 従事州ノースが11月12日到着分までペンシルベニア州は11月6日到着分まで有効である。 郵便投票の利用者は、共和党支持者の19%に対し、民主党支持者は42%。 開票の初期には、トランプの表が上回り、メール投票でバイデン表が増えるとみられている。 郵便投票状況が変われば「否定」の声が飛び交う “グジャグジャ」大統領選挙される。[나카지마 문명]

◆米国の大統領選挙の構造

4年ごとに夏季オリンピックの年に1年間開かれる。 主に二つの段階がある。 まず、共和党と民主党が約半年間にわたり、各州での予備選挙と党員集会をして、それぞれの候補者を1人に絞る。 本選挙は、「11月の第1月曜日の翌日である火曜日」に行われる。 投票できる人は18歳以上のアメリカ人。 選挙は、独自のシステムで行われた米で、相手よりも多くの票を獲得しても当選されないことがあります。 過去16年の民主党ヒラリー・クリントンが総得票数で共和党トランプより300万票近く多かった触れた。

READ  新型コロナウイルス、現在の感染者・死亡者数(8日午後8時現在)死者125万人に写真2枚国際ニュース:AFPBB News

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close