経済

三菱、新型「エクリプスクロス」PHEVモデルは「P」「G」「M」のラインナップ – Car Watch

新型「Eclipseのクロス」の予約受付を開始

三菱自動車は10月15日クロスオーバーSUVの新型「Eclipseのクロス」の予約受付を開始した。 新型Eclipseのクロススペシャルサイトでは、モデルのラインナップと燃費値など新しい情報が公開された。

新型Eclipseのクロスは、12月に発売予定で、価格はPHEV(プラグインハイブリッド)モデルが約385万円〜450万円、ガソリンモデルが約255万円〜約335万円。

PHEVモデルは最上級モデル「P」の高度なモデルの「G」の標準モデル「M」をラインアップ。 ハイブリッド燃費はWLTCモードで16.4km / L(市街地モード15.7km / L、郊外モード16.8km / L、高速道路モード16.5km / L.JC08モード:18.6km / L)、EV走行換算距離57.3km。

ガソリンモデルは最上級モデルである「G Plus Package」高級モデルの「G」の標準モデル「M」をラインナップし、それぞれ2WDと4WDが用意される。燃費については、2WDモデルがWLTCモードで13.4km / L(市街地モード10.6 km / L、郊外モード13.8km / L、高速道路モード14.8km / L.JC08モード:15.0km / L)、4WDモデルがWLTCモードで12.4km / L(市街地モード9.8km / L、郊外モード12.6km / L、高速道路モード13.8km / L.JC08モード:14.0km / L)と公表されている。

今回の大幅改善で新型Eclipseのクロスは、前面と背面のデザインを一新。 ボディサイズは4545✕1805✕1685mm(長さ✕幅✕全高)と前後オーバーハングが140mm延長され、トランクスペースを拡大するなど、SUVとしての機能を向上させた。

新型Eclipseのクロス「Exterior」編

新型Eclipseのクロス「Interior」編

また、PHEVモデルでは、「アウトランダーPHEV」の占領ツインモーター4WDを採用することで、Eclipseのクロス走行の魅力を高めた告げる。

スペシャルサイトでは、ラリードライバーで一般的なドライバまで運転レベルが他の4人がサーキットを舞台に、新型のEclipseクロスPHEVを試乗する企画を用意しました。 新型EclipseのクロスPHEVで目標とした「意のままに走り」を紹介する内容が展開される。

新型Eclipseのクロス “走行」編

READ  ASCII.jp:[저렴한 스마트 폰 정리]「Pixel 5」「Pixel 4a 5G」を発表楽天で注目の小型端末「Rakuten Hand "

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close