トップニュース

三菱自動車、チップクランチに日本とタイで生産量の削減

Mitsubishi Corpの看板は、東京にある本社にあります。 (ロイター写真)

Mitsubishi Motors Corpは、コンピュータチップの確保の難しさ、4月、日本とタイで7,500台の車の生産を減らしていると月曜日の関係者が明らかにした。

Mitsubishi Motorsは、昨年末から世界の半導体不足の影響を受けた一連の自動車メーカーの中で最新のものです。

この会社は、Nissan Motor CoおよびフランスのRenault SAと3者提携関係を結んでおり、日本中西部地域であるAichiとOkayamaに2つ、タイに1つの3つの工場の生産量を減らす予定です。

Mitsubishi Motorsは、十分なチップの供給を確保し、後で5月から生産をどのようにするかどうか決定することができれば、生産量を増やす計画だ関係者は語った。

ルネサスエレクトロニクスが運営する日本東部の工場で3月中旬火災が発生しながら、この会社は、自動車用半導体の主要サプライヤであるため、チップ不足の問題が深刻になるという懸念が提起されました。

日本で3月に4,000台に達する三菱自動車の最新減算はルネサス火災に関連していない。

2020年に自動車メーカーは、全世界で約854,000台の車を製造しました。

ルネサス火災以前にもチップは、世界的に供給が不足して自動車メーカーを含む会社がチップを確保するために出動しました。 コロナウイルス感染症は、人々が家にますます多く滞在し、パーソナルコンピュータ、ゲームコンソール、およびその他の電子機器の需要を増加させました。

これに関連し、また他の日本の自動車メーカーであるSubaru Corpは4月27日までに、日本の工場のいずれかで稼働を停止し、約10,000台の生産量を削減すると発表した。

READ  正午頃、日本の日立から東に30km離れた中規模4.1の地震/火山

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close