三菱重工業株式会社グローバルウェブサイト| 三菱重工業、アンモニア単燃料バーナー燃焼試験成功 –

Estimated read time 1 min read

アンモニア燃焼試験装置(0.5t/h炉)

東京、2023年11月28日 – 三菱重工業(MHI)は、火力発電ボイラー用アンモニア活用技術開発の一環として、アンモニア単一燃料バーナーの燃焼テストを成功裏に完了しました。 試験は長崎長崎地域研究イノベーションセンターの燃焼試験装置を用いて行った。 MHIは1時間あたりの燃料消費量が0.5トン(t/h)の燃焼試験炉を活用し、アンモニアバーナーを用いた単一燃料バーナー試験と、石炭を用いた高比アンモニア同時燃焼試験を実施しました。 どちらの場合も、テストは安定した燃焼、石炭燃焼に対する窒素酸化物(NOx)排出量の削減、アンモニアの完全燃焼を確認しました。

アンモニアは、低コストで水素エネルギーを効率的に運び、貯蔵できるエネルギーキャリアとしての役割に加えて、火力発電の燃料として直接使用でき、COを排出しないため2 燃焼時の温室効果ガスの排出削減に貢献すると期待されています。 今回の燃焼試験により、バーナーの基本構造がアンモニアの安定した燃焼とNOx排出抑制を同時に提供することを確認し、これは火力発電ボイラーに技術を実用化する上で重要な開発マイルストーンを通過したものです。

次のステップとして、MHIはより大きな4t / h燃焼試験炉で実際のサイズのバーナーを使用して燃焼試験を実施する予定です。 MHIはこれらの結果をもとに自社が開発したバーナーを日本および海外火力発電所に適用するための措置を取る予定だ。

三菱重工業は2021年度から新エネルギー・産業グリーン革新基金事業が実施する燃料アンモニアサプライチェーン構築事業の一環として「石炭ボイラーの高比率アンモニア混素技術開発及び実証」を推進してきた。 技術開発機構(NEDO)。 この燃焼テストはそのプロジェクトの一部であり、MHIは2024年までに円形燃焼バーンと対向燃焼バーナーの両方に対してアンモニア単一燃料燃焼が可能なバーナーを開発する予定です。

試験が実施された長崎地域研究イノベーションセンターは、今年8月に運営を開始したMHIグループのエネルギー脱炭素化技術開発基地である長崎炭素中立公園に位置しています。 今回の燃焼試験の成功を契機に三菱重工業は国内外の火力発電ボイラー(株)に実用化するための関連技術開発に拍車をかけている。

MHIグループは、CO削減のための最も有望なソリューションの1つであるアンモニアの使用を含む、実績のある技術の多くを活用する新しいソリューションを引き続き提案します。2 排出し、エネルギー転換を促進します。 MHIグループは、高効率で環境に優しいエネルギー発電システムの拡大と普及に注力し、世界の経済発展に不可欠な電力の安定供給に貢献し、地球環境保全を支援するためのエネルギー脱炭素化を追求します。

  • カーボンニュートラルを達成するためにアンモニア燃料を使用しようとする国内外の顧客の努力に対応するために、MHIは、ユーティリティと工業用ボイラーの低比率から高比率の同時燃焼まで、幅広いアンモニア使用ニーズに応える技術を開発しています。
アンモニアと石炭の同時燃焼

アンモニアと石炭の同時燃焼

READ  Gopuffは千万回の配送を記念し、Center Cityに新しい配送ハブを開きます。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours