エンターテインメント

上記ワーク、IPO中止2年ぶりに上場

孫正義ソフトバンク最高経営責任者(CEO)は、昨年の「私は間違っ決定を下した」と話した。 「上のワークを適切に見られなかった。」 SoftBankは、会社の議決権を50%未満に制限することに合意しました。 SoftBankと他の投資家は、株式を売るまで数ヶ月を待機します。

全世界のオフィスタワーを空っぽにしたファンデミクはWeWorkの事業も崩しました。

伝統的な住宅は、入居者が法的に数年間継続してリース料を支払わなければなら法的義務があったので生き残った。 ほとんどは有効です。 しかしWeWorkの顧客は、はるかに短い期間の契約が満了に伴い、元に戻すことができました。 WeWorkの今年第2四半期の売上高は5億9,300万ドルで、最高値である2020年第1四半期に報告された売上高9億8,800万ドルをはるかに下回っています。

そしてこれは、会社が現金を生み出すことなく、使用している理由を部分的に説明します。 今年上半期にWeWorkは2020年の同期間に11億5000万ドル以上の13億1000万ドルの現金を運営して、不動産や機器を購入しました。

それでもWeWorkは運用コストの削減に進展を成し遂げ収入が増加すると、収益性があることを希望します。 最大の削減の一部は、家主と賃貸借契約を再交渉したり、賃貸借契約を解除することにより、得ることができます。

WeWorkのCEOであるSandeep Mathraniは今月会社は今年まで150件以上の全賃貸契約を終了し、350件の賃貸契約の変更を完了したと明らかにした。 彼は木曜日CNBCとのインタビューで「ファンデミクを通じて、私たちがしたことは、コスト構造を変更して、会社の規模を適切に調整したもの」と述べた。

おそらくWeWorkにかかっている最大の問題は、最大のオフィススペースの市場を席巻している景気後退に苦しむ苦しむか、伝染病に再編されたタスクの世界での機会を見つけるかです。

WeWorkの最大の市場の一つであるニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコなどの都市のオフィスタワーシェアはまだ伝染病前の水準よりもはるかに低く、多くの企業では、従業員が完全にまたは部分的に在宅勤務を可能にしているので、以前に帰らないことがあります。 このような環境では、企業は、リースが期限切れになるか戦隊される空間を空けています。 その結果、記録的な量のオフィススペースが市場に捨てられて家賃が急落しました。

READ  ネットフリックス、日本で多くの者が家に滞在し、ストリーミング値上げ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close