技術

不動産デジタルツイン技術会社BeyondView、WeWork Japanと企業契約を締結

正確でインタラクティブなデジタル商業用不動産ソリューションを提供するデータ駆動型テクノロジプロバイダBeyondViewは、今日次の企業契約を発表しました。 ウィワークジャパン。 BeyondViewのパートナーシップは、WeWork Japanの資産ポートフォリオをデジタル化し、柔軟なオフィスネットワークが仮想的にロケーションをマーケティングおよび管理する能力を変えることになります。

「私たちは世界中を検索し、BeyondViewの比類のないデジタルツイン技術を発見しました」と述べました。 ウィワークジャパン代表ジャニーゆう。 「彼らはソリューションスイートと使いやすい資産管理ポータルを持っているため、BeyondViewはWeWork Japanが不動産ポートフォリオをデジタル化するのに最適なパートナーです。 BeyondViewの新しい「ライブウォークスルー」機能を活用して、工事が終わる前に新川に最新の柔軟なオフィススペースを披露できることを期待しています。 BeyondViewは、商業用不動産業界を変えると同時に、現在私たちのビジネスに実質的な変更を加えています。

BeyondViewのデジタルツイン技術を活用することで、予備テナントは、建設が完了する前に、WeWork Japanの最新製品である新川の柔軟なオフィススペースを仮想的に見回すことができます。 また、BeyondViewの新しい「ライブウォークスルー」機能により、プラットフォームユーザーはデジタルツインに没頭し、驚くべき一人称視点のゲーム体験に似た空間を探索することができます。

ビヨンドビューの創設者で最高経営責任者(CEO)のクール・ワッドワ(Kul Wadhwa)は 「BeyondViewのデジタルツイン製品は、商用リースおよび資産管理プロセスにおいて破壊的な力であることが証明されています。 数千マイルと複数の時間帯で分離されたチームを含む、コラボレーションのためのプラットフォームの容量に制限はありません。 WeWork Japanとのパートナーシップは、BeyondViewチームの画期的な成果であり、今回の企業契約を通じて、WeWork Japanの強力な資産ポートフォリオ全体で資産管理とリース活動を成功的に発展させるために必要なデジタルサポートを提供できると確信しています。 」

今年4月にWeWork Japanと共に展開した後、BeyondViewのプラットフォームは柔軟なオフィススペースのリースサイクルを加速し、全体的な不動産への参加度を高めることが証明されました。 このプラットフォームは、お客様に将来のワークスペースを仮想的に探索しながら、特定のニーズに合わせてスペースをすばやく再構築する機能を提供します。 青写真、CAD図面、写真など、すでに準備されている材料で作業しているBeyondViewは、デジタルホワイトボックスの可視化を準備するだけでなく、仮想壁や家具などのプロパティを完全に再設計します。 組み合わせると、これらの視覚化は、商業空間の満たされない可能性を示しています。

BeyondViewのデジタルツインは、リアルタイムデータ、素晴らしいビジュアル、ユーザーフレンドリーなコミュニケーションプラットフォームを統合し、統合された顧客体験を提供します。 同社の革新的でユニークなデジタル製品は、ポートフォリオシナリオとリソース計画とサプライチェーン管理を簡素化するリアルタイムデータの可視化です。 3Dデータは再利用可能であり、再配布に使用できるため、顧客に現在のコストの一部だけで独自にカスタマイズ可能な経験を提供します。

(1回訪問、今日7回訪問)

READ  [빠즈도라]いよいよ大型イベント開始! 今週の最新情報! | AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close