エンターテインメント

不可抗力| 映画レビュー| メトロポリスジャパン

DCのエース政治戦略家(スティーブ・カレル)は、引退したベテラン(クリス・クーパー)が田舎町の市長選挙で勝利するのに役立ち、民主党が米国の心臓部を取り戻す方法を説明します。 この話はすぐに全国的に広がって、共和党が彼の無慈悲な宿敵(Rose Byrne、優秀)を送信反撃するように促します。

このソフト風刺はもちろん鋭く、感情移入された元政治家の産物である。 デイリーショー ホストジョン・スチュワート。

プラス面では:演技は正常であり、愚か深い頂点を歩いているが、赤と青の両方を同じように不敬に見通すスコアを取得します。 そして、それは素朴な田舎米国に屈服する両側の傾向を挑発します。

しかし、それは少しより明らかで、配信された知恵は、非常に慣習的であり、わずかに遅れており、重要ではないかのように見えます。 2015年にはもっと良かったのです。

第三幕では、私は見られなかったツイストエンディングに快感が上がったが、そこに到達することは、一種のスローそのです。 一見の価値はありますがスタッドのように優れた政治エンターテイナーである彼の天才性は、映画制作にまで拡張されていないようです。

(101分)

映画が好きですか? 他のレビューにも確認してください:

スーサイドチーム

f9クイック社 F9:ファースト社

フリーこの映画のポスターフリーこの

READ  さいとう・たかを(84歳)が死亡。 日本のコミックのスーパースター誕生

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close