経済

不安、日本福祉制度

日本企業連盟(Keidanren)会長の中西宏明が1月27日 オンライン会議 日本の労働組合(Rengo)のコーズリッキーオ(Rikio Kozu)と賃金について話して中西は、かつて経済協力機構(OECD)の37個の先進国の中で、日本の平均賃金ランクを「とにかく」と述べた。 運営と開発が落ちました。 東京新聞は、1月30日、日本の賃金状況が「他の人の問題だ」と思っているかのように見えるように作ったと中西の発言に対するメディアの反応をまとめた。 日本の低OECD順位(1990年12位から2019年24位に下落)は、賃金停滞からです。 日本の給与は、過去30年の間にほぼ同じままされたが、他の国の賃金は大幅に上昇しました。 韓国は、OECDのリストにある唯一のアジア経済です。

また、1月27日には 参院予算委員会セッション野党議員石橋道大(Michihiro Ishibashi)はCOVID-19大流行に脆弱な人々のためのサポートが不足している非難を受けている菅義偉首相に、実際に市民が自ら克服することができると考えている尋ねた。 シュガーは、東京新聞が冷淡な口調で描写したところにより、人々は、常に、日本の「福祉システム」に戻ることができると述べた。

新聞が説明したように、執権自由民主党と経済界は、雇用者が勝手に採用して解雇して、必要に応じ給与を定めることができるようするために、日本の生涯雇用システムを毀損している。 同時に、国及び地方レベルでの公的支援を削減しようとする努力は、人々が経済的にころぶときつかむことができるセーフティネットを弱体化させた。

これらの政策の効果は、1月初めにインタビューした42歳の女性の物語で説明された。 Mainichi Shimbun 彼女が無料の食事をしに行った東京教会で。 専門大学を卒業漢女性は、過去20年の間に、非正規職で別の仕事に移ってきて、多くの場合、困難を経験しながらも、常に食料や避難所を持つことができました。 しかし、秋以降に彼女が求められる職業の種類がより不足になり、記者が彼女に声をかけたとき、彼女は彼女の名前で103円をいただきました。

一つの逸話が特に明らかになった。 昨年12月には、女性はコロナ19危機に収入を失った世帯のために緊急融資を申請するために、地方役所に行った。 彼女は融資の対象があると思ったが、彼女に言った公務員は、自分がウイルスが原因で、以前の仕事を失ったと思っていなかった、とにかく彼女の状況が聞こえないながらぶっきらぼうらしく無視しました。 融資を申請した他の人と同じくらい悪かった。 最終的に彼女は2週間ぶりに新しいアルバイトを始めることです。 彼女はそれまで行くことができませんでしたか? そのことは、最終的に失敗しました。

その女性は、助けを要請したことに慌てて手ぶらでオフィスを出ました。 東京新聞は、最近数年間の福祉受益者がどのように悪魔化されたり、他の方法で落胆したのかを示すいくつかの物語を体系的に発表しました。 貧しい人々を助ける機関を運営する剛稲葉は、社会福祉社員が家族に電話をかけることができるという事実を知っているので、福祉の資格がある人々は、申請さえしないと新聞に語った。 (毎日新聞記事に掲載された女性は、公的扶助を申請していない理由で、これらの慣行を引用する。)これは、福祉館が申請者の削減するために使用する一つの方法である。 メディアの扇情的な話に恐怖を食べた人々は、政府の支援を要請することが本質的に攻撃的だと確信するようになりました。

これらの侮辱は、これらのブロックの戦術を実行する多くの人々が経済的に脆弱であるという事実のために、さらに悪化します。 インタビューで マガジン9勤労貧困層を対象とする非営利団体の社長であるTakashi Shiraishiは、1980年代半ば以降、特に関心をあまり受ける公共部門での非正規職労働者の増加について話した。 2005年から2016年までの契約または臨時職員数は、少なくとも41%増加した。 要するに、それらの多くの人が第一線の従業員、すなわち国民と直接取引する人です。 ShiraishiはCOVID-19景気後退への対応策として、昨年に政府がすべての日本の居住者に10万円を配布したと述べました。 配布資料配布の「混乱」に対する国民の不満を処理した人々は、職業公務員ではなく、非正規職だった。 彼らができることは、リンゴに切り下げことだけだとShiraishiは言った。

このような労働者は職業安定性がありません。 いくつかは、数ヶ月に一回、新しい契約を締結します。 彼らは大衆を直面する必要がない会社によって策定されたポリシーを実行します。 これは毎日新聞でインタビューした女性が地方庁でなどを回したときの経験を説明することができる。 彼女が言った人は、彼女のように自分の雇用状況について心配している非正規労働者だったことがあります。

マガジン9は、広島県の都市でコンサルタントとして働く女性をインタビューして、女性に影響を与える問題に対する住民の質問を処理しました。 インタビュー当時、彼女は週に30時間ずつ仕事をし過ぎていくために二つのことをもっとしなければならいた。 彼女はまた、彼のトレーニング費用を支払わなければならいました。 Shiraishiによると、このような状況は、必須の労働者には珍しいことではなく流行中、さらに心配されます。 OECD先進国中、日本は、公共部門の労働者の割合が最も低くなります。 白石は、公共サービスが劣悪たり不十分なときに苦しむのは、市民と言います。

この文脈で中西の発言は、経済界が賃金停滞の永続化で自分の役割を否定する方法を示して一方シュガーの発言は皮肉である。 おそらく彼らの信念に忠実で、日本のすべての人々が市場と資本主義の他の任意の力の慈悲によって、自らと言う方が優れています。

より www.philipbrasor.com Media Mix貢献に関する追加事項です。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ケネディクス【4321】、今期経常を一転7%減益に下方修正、TOB実施に伴い期末配当見送り|決算速報 - 株探ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close