トップニュース

不思議な光景はまだありませんが、日本首相は自身の「幽霊が宿った」1929年マンションについて語りました。

日本首相岸田文夫の新しい住居は、1936年のクーデター試みの場所でした。

東京:

岸田文夫日本首相が9年ぶりに首相になった後、すっかり寝ていると話した。

東京の中心部の主要不動産は、岸田の最新の前任者である菅吉秀と安倍晋三の任期の間に空いた。

居住地は1936年に財務大臣をはじめとする多くの上級管理者が若い軍将校たちに暗殺されたクーデターの試みの現場でした。

何年もの間、事件に巻き込まれた人々の一部の幽霊が廊下を浮かべていると報告されていますが、木田は月曜日に新しい発掘で初日の夜を過ごした後、さわやかさを感じたと言いました。

彼は記者たちに「昨日眠れた」と記者たちに言った。

「まだ見たことはありません。」

(このストーリーはNDTVの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  カピバラはリンゴが浮かぶ熱いお風呂を楽しむ。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close