スポーツ

不振日本、FIBAアジアカップ予選で中国に達し

日本がFIBAアジアカップ予選決勝の最初の試合で不振攻撃性能により、水曜日、フィリピンパンパンガのアンヘレスシティファンデーション体育館で中国に66-57で敗れた。

アカツキファイブは上半期20得点に過ぎないのに対し、中国は32点を記録した。 日本は第3クォーターに22徐々に続いた。

チームが赤字を6に減らしたため、日本の攻撃は、最終的に最後の四半期にクリックし始めたが、ttはとても少なく、遅すぎました。

「全体的に、中国が私たちを凌駕し、彼らは今日の試合方式で勝利する資格がありました。「日本の監督であるJulio Lamasが試合後言いました。 「彼らは40分の間、私たちを追いかけておらず、それがどのよう良いか教えてくれます。」

3点シュート4つの沈めたヒエ島誠と3つのタイプカナ床康介がBの試合でそれぞれ12点で日本を導いた。

フォワードZhou Pengはオリンピック予選トーナメントを通じて、東京オリンピックでマリーナを確保しようとする中国のためのゲーム最高16点を記録した。

2020年2月に、アジアカップ予選の最初のウィンドウで、台湾を相手に96-57で勝利した後、日本初の試合だった。

日本の二人の帰化選手のGavin EdwardsはRyan Rossiterと中国を相手にうなずいた。 代表でデビューした前UConnの選手はリズムに適応するのが難しかったと述べた。 彼はファウルトラブルに陥り、後4クォーターでファウルを受けた。

テンポが高すぎて、最初はペースを見つけることが困難を経験した。 床から21分ちょうど8得点6リバウンドを記録したEdwardsは言った。

“そして、私は少しずつ演奏をしましたが、後半が終わる頃にリズムを発見したようでした。 残念ながら、私は重度の問題を抱えている。 だから、私たちがプレーしているときに、チームが本当に痛かったようです。 “

日本は金曜日に台湾と対戦する土曜日に他の競技でウィンドウを仕上げます。

6つのグループそれぞれの上位2チームが8月のアジアカップに進出して4つの国が、ワイルドカードチームに進出します。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  前Purdueバレーボール選手Annie Drews、米国のオリンピックチームに選ばれ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close